01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。 2018年1月 和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2017年度 冬期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2017年度 冬期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査2回目を行いましたので報告します。全国一斉調査になります。

今津では2018年1/7(日)午前中に2回目の調査を行いました。
シロチドリ10羽、タゲリ13羽、ハマシギ86羽、アオアシシギ8羽など、6種122羽がカウントされました。他にはヘラサギ7羽、クロツラヘラサギ16羽、ツクシガモ41羽、ズグロカモメ9羽、ミサゴ4羽、カンムリカイツブリ1羽が観察されました。
5 アオアシシギ
1 ハマシギ

博多湾東部では1/14(日)に2回目の調査を行いました。
ミヤコドリ25羽、シロチドリ229羽、ダイゼン6羽、ハマシギ556羽、ミユビシギ124羽など、9種955羽がカウントされました。他にはヘラサギ1羽、クロツラヘラサギ12羽、ツクシガモ198羽、ミサゴ5羽、カンムリカイツブリ6羽が観察されました。

1/14の博多湾東部は曇りで風が無く、調査はしやすかったです。12月に比べてカモ類がずいぶん減ってしまいました。ハマシギ等の小型シギ・チドリ類は昨年に続き今冬も多めで、良かったです。ミヤコドリは過去最高羽数の25羽でした。
2 ハマシギとミヤコドリ

アオサが腐りかけて、沿岸のアシに大量に絡みついていました。沿岸の木では、センダンの実やシャリンバイの実がだいぶ減っていました。小鳥が食べたのでしょうね。センダンの木にはツルウメモドキが巻き付いていて、赤い実が生っていてきれいでした。
3 ツルウメモドキ実

多々良川ではキンクロハジロ400羽を確認しました。香椎にはシギ・チドリがいませんでした。スズガモなどの海ガモが、風を避けてたくさん香椎に入ってきていました。今回の博多湾東部の調査は、野鳥の会福岡支部の「水鳥全種調査」も兼ねて行いました。
4 多々良川調査
6 香椎調査
7 和白調査

調査参加者は今津が3名、博多湾東部が11名でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸/今日は風が無く穏やかでした 

定例探鳥会報告 和白海岸

和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲 
2018年1月14日 -曇り-
【観察鳥種】49種
【参加者数】15人 

集合地の和白公園では、木に止まる2羽の仲良しキジバトをすぐ近くで観察しました。
9 観察のようす

干潟では潮が引きがけで、水鳥たちを近くで見ることができました。和白川河口にはツクシガモや淡水ガモたちがいました。ミヤコドリは和白川から唐原川までの干潟の広い範囲に散らばって25羽いました。
5 ダイゼンとミヤコドリ

海の広場方面にはハマシギ・ミユビシギ・シロチドリの群れが広がっていて、忙しく食事中でした。ヘラサギが立って寝ていました。3 ハマシギ・ミユビシギ・ミヤコドリ
4 シロチドリ

海の広場まで海辺を歩きました。アオサが固まって沿岸のアシに巻き付いていました。「沿岸にはウミニナが多いね」と久しぶりに参加されたUさん。今日は風が無く穏やかでした。海の広場では樹林帯の方から小鳥たちの声が聞こえてきます。ヒヨドリ、モズ、ツグミなどを見たり声を聴いたりしました。RKBの鉄塔上にはハヤブサが来ていました。アシ原中道では盛んにシロハラの鳴く声がしました。マサキの実は生っていましたが、シャリンバイの実はほとんど無くなっていました。小鳥たちが食べたのでしょうか?
2 マサキの実

砂洲に出ると、ハマシギたちを近くで見ることができました。
8 ハマシギの群れ

ミヤコドリは唐原川方面にも多く、ダイゼンもいました。沖にはハジロカイツブリやウミアイサがいました。
6 ウミアイサ♂

スズガモに混じってホオジロガモが多く確認できました。
7 ホオジロガモ♂

ヒドリガモが丸く固まって170羽程休んでいました。ヨシガモも見られました。アシ原の中に戻り、鳥合わせをしました。午後には鳥の調査も予定しており、少し早めに解散しました。(山本廣子)

【参加者の感想】
◇ハヤブサが見られて良かった。
◆ミユビシギ良く分かった。
◇ホオジロガモが可愛かった。
◆久しぶりにシロチドリを見ることができた。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2017年 和白干潟を守る会望年会 報告/来年も守る会にとって良い年でありますように! 

2017年 和白干潟を守る会望年会 報告 
                                                     
日 時:2017年12月25日 (金)18:00~21:00 
場 所:きりえ館(事務所)
参加者:17名

 今年の締めくくりで来年に向けて、守る会待望の望年会がありました。予定時間どうりで始まりました。高田さんの司会で始めましたが、途中から南さんにバトンタッチしました.はじめの開会の挨拶を山本さんがして、次に山下さんの音頭で乾杯がありました。
03望年会開始IMG_0221a0
05乾杯IMG_0238a0

美味しい料理を頂きつつ、全員が自己紹介と来年の抱負を述べました。
06自己紹介IMG_0297a0
08自己紹介IMG_0326a0

次は守る会の一年を振り返り、5代ニュースを選びました。
095大ニュースIMG_0324a0

2017年和白干潟の5大ニュース
1.ミヤコドリが過去最高の25羽飛来
2.ラムサール条約登録を求める請願が継続審査となる
3.「ふくおか地域づくり活動賞」受賞、「生物多様性アクション大賞」入賞
4.干潟まつりは新しいテントを購入して大盛況
5.リーフレット「四季の和白干潟の自然Ⅱ(雁ノ巣海岸)」発行
                                              
初めて参加された方もありました。持ち寄りの手作り惣菜やお菓子、おにぎり、果物、飲みものを頂き、山本さんの絵本「ひがただいすき」を森さんが朗読をしました。
11絵本の読み聞かせIMG_0336a0

山本さんもマジックを披露して喝さいを浴びました。
13マジックIMG_0353a0

次に、お待ちかねのオークションです。皆さんに出品戴いた品を山之内さんの司会で始まりました。今年も色んな品が集まり、皆さんの協力で行うことが出来ました。
収入は参加費:17,000、カンパ:10,800円、オークション売り上げ:3,450円で、合計31,250円になりました。材料費:11,900円以外はカンパして頂きましたので、収益:19,350円は守る会のために使用させていただきます。
オークションの後は、皆で「ミヤコドリ」や「もみの木」を歌い、楽しくハンドベルで「ドレミの歌」などに合わせて演奏しました。最初は音がずれていましたが、最後は全員ばっちりと合わせることが出来て一番盛り上がりました。閉会の挨拶を今村さんがしました。使用した食器を片付けてから散会しました。参加された皆様遅くまでお疲れ様でした。
閉会のあいさつIMG_0376a0
16記念撮影IMG_0370a0

来年も守る会にとって良い年でありますように!(S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2017年度 冬期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2017年度 冬期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

今津では12/3(日)午前中に1回目の調査を行いました。
タゲリ27羽、ハマシギ117羽、アオアシシギ13羽など、5種160羽がカウントされました。他にはヘラサギ7羽、クロツラヘラサギ20羽、ツクシガモ7羽、ズグロカモメ5羽、ミサゴ2羽、カンムリカイツブリ1羽が観察されました。
ハマシギ

博多湾東部では12/19(火)午後に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ25羽、ダイゼン9羽、ハマシギ82羽など、6種128羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ15羽、ツクシガモ188羽、ミサゴ6羽、カンムリカイツブリ28羽が観察されました。
ミヤコドリ
20171219ダイゼン
ダイシャクシギ
イソシギ

12/19の博多湾東部は小雨が降り、海辺は寒かったです。全体にアオサは少なくなっていました。アオサは水温が下がり、小さくちぎれて水底に沈んでいます。多々良川ではクロツラヘラサギをアシ原のねぐらの中で確認しました。香椎浜では高速道路工事のために高いフェンスを立てていました。唐原川河口左岸の護岸を高くしていました。和白海域ではカモ類も含めて水鳥たちが多い時期です。ツクシガモも多く渡ってきました。
調査参加者は、今津が3名、博多湾東部が10名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

調査のようす奈多クリーク
調査のようす雁ノ巣
調査のようす雁ノ巣 (2)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2017年12月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/来年に向けて企業からの参加も期待できそうでとてもうれしく思います 

2017年12月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日 時:12月16日(土)15:00~17:00
●参加者:25名 : 一般10名:九産大宗像ゼミ先生共4名、ライオン(株)1名、明治安田ビルマネジメント(株)3名、長崎大学生1名、町内会1名、守る会15名 
●回収ゴミ:202袋: 可燃ゴミ:201袋、(アオサ袋:196、人工ゴミ5袋) 不燃ゴミ1袋
●粗大ゴミ0
●観られた鳥:ツクシガモ約260羽、淡水ガモや海ガモ、オオバン他

 今和白干潟では、沢山のツクシガモが渡って来ています。この寒さで一気に増えた様です。他のカモ達も大勢観ることが出来ます。特にツクシガモは大きくて白色が目立ちます。背中が茶色、黒色でとても綺麗な模様です。嘴と脚が赤っぽくて、ミヤコドリと一緒に居るときは紛らわしいです。
アシ原側の後背林や広場付近には、紅葉が過ぎ葉を落としたセンダンの葉根で、さるの顔に似たものを観ることが出来ます。
1 センダン葉痕

ウラギクやアシもフワフワの綿毛になり、赤く色づいたクコ、ツルウメモドキ、ノイバラ、アキグミの実もまだ残っています。
2 ウラギクの綿毛
3 アシの穂
4 クコ
5 ツルウメモドキ
6 ノイバラ
7 アキグミ

センダン、ナンキンハゼや、濃い青のシャリンバイもたわわに実っています。紅葉の時期が終わったハママツナも来年の為に、沢山の小さな実を付けています。
8 センダンの実
9 ナンキンハゼの実
10 シャリンバイ
          
本日のクリーン作戦は、とても風が強く干潟まつり以来の寒さでした。北西の風により波で小さくなったアオサが打ち寄せられていました。海の広場前は比較的綺麗だったので、今まで行き届かなかった和白方面を重点的に清掃しました。アシ原入り口にもアオサが積もっており、2班に分かれて、ソリ・一輪車・リヤカーを使って寒さに負けずに頑張って頂きました。
11 清掃活動

参加者は今回も、守る会会員と事前にお知らせ頂いた宗像ゼミの方達だけかと覚悟して行きましたが、現場に行って暫くすると初めての企業の方も数名参加して頂きました。ホームページを見て来られたとのことでした。来年に向けて企業からの参加も期待できそうでとてもうれしく思います。水鳥のツクシガモを観て貰いました。ある企業の方は「ラブアースで百道浜に行ったが、人工海岸で綺麗だったけど、自然の和白干潟を見て、ツクシガモも初めて見たそうで、こんな綺麗なカモが居るのですね」と驚かれた様です。「素晴らしい所があることを知りました」と感慨深げでした。1時間20分間清掃をした後で、暖かいお茶とお菓子でねぎらい、まとめを行いました。最後に記念撮影をしてから散会しました。参加の皆様、強風で寒い中、有難うございました。(S・T)

12 記念写真

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク