11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

柏陵高等学校環境科学コース一年生 和白干潟観察会報告/アシハラガニは大きくて人気があります。 

柏陵高等学校環境科学コース一年生 和白干潟観察会報告

日時:2013年10月18日 金曜日12:50~15:00 快晴 大潮 満潮9:08 干潮14:57
参加者:1年生40名 先生5名 
守る会自然観察ガイド:3名、カメラ:1名

高校生たちは、お昼のお弁当を海の広場で済ませ、リラックスしていました。12時50分からの観察会となりました。高校生ともなると、話を聞く態度も違いますし、筆記用具を片手に山本さんの話に聞きいってメモを採る生徒も真剣です。
和白干潟の話
ハママツナの紅葉
毎年来てくれるこの学校は、今年は学校の備品として、オニューの双眼鏡を20個くらい持ってきていました。ただ扱い方を習得出来ていない様に思われたことは残念でした。
野鳥観察
昨日は居たと言うクロツラヘラサギもミヤコドリが6羽になったという話もありましたが姿は見せず、大潮で引いた水際に居るカモの群れもあまりに遠く、識別が難しかったです。
干潟ではカニの小さな砂団子がびっしりで、5ミリにも満たないコメツキカニも見つかりました。しかし
大きなコメツキガニはあまり見かけません。巣穴もそれなりに大きなのは数が少ないのです。世代交代かな。
アサリの浄化実験もやりました。
アサリの浄化実感結果
澪筋を目当てに捜すとアサリが良く見つかりました。
アサリ貝の掘り方
エイも貝を食べに来るのかこの澪筋にいっぱい掘ったような跡が並んでいました。貝殻が帯状に散乱しているところは、アオサが堆積して窒息死したのでしょうか。
アシハラガニは大きくて人気があります。
アシハラガニ
モクズガニを唐の原川でみかけることは良くありますが、
油山近くから来た高校生なので、「油山の渓流にも居ますか?」と聞いてみたら「居る」とのことでした。カニはどうして海に産卵にくるのでしょうか。
 アシ原から広場までゴミ拾いをして下さいました。
ゴミ拾い
 
 台風後アオサは堆積していますが、人口ゴミを主に拾って下さいました。良かったです。(S・T)

以上

観察された鳥:ホウロクシギ3、オオソリハシシギ1、ダイサギ、コサギ、カルガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、スズガモ、ミサゴ
観察された干潟の生き物:コメツキガニ、マメコブシガニ、ケフサイソガニ、アシハラガニ、クロベンケイガニ、ウミニナ、ホソウミニナ、アカニシ、アラムシロ、ツボミガイ、マガキ、アサリ、ソトオリガイ、ユウシオガイ、オキシジミ、ホトトギスガイ、イトゴカイ、フレリトゲアメフラシ、トビハゼ、マハゼ、ハマトビムシ、ホンヤドカリ
観察された海草:アオサ、ボウアオノリ
観察された花:ウラギク、紅葉しかけたハママツナ
燃えるゴミ ; 5袋
燃えないゴミ:1袋
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/97-b867ccf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク