11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2013)/参加の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2013)

●日時:9 /28 (土)15:00~16:00              
●参加者:43名:一般11名内(小学生1名)九州大生2名生、九産大生11名内(教師1名)
  玄海高校生:3名、東京海上日動火災保険:7名内(子供5歳)             
守る会:9名
●回収ゴミ:合計:152袋)
可燃ゴミ:151袋の内訳(アオサ:136袋、人口ゴミ16袋) 不燃ゴミ:1袋

鳥は、チュウシャクシギ5羽、オオソリハシシギ2羽、ホウロクシギ2羽、オナガガモとマガモ合わせて約100羽、ダイサギ、アオサギ、ミサゴ、カラス、
オオソリハシシギ
ホウロクシギ
キンエノコロの穂

 今和白干潟ではカモが渡ってき始めました。今日はオナガガモが多く観られ、シギや、チドリも秋の渡りが観られるように成っています。カモ達も未だ多くは有りませんが、これからが日毎に増えてきます。また楽しみが一つ加わりましたね。

 アシ原では、アシが大きく穂を出し、ハマサジの花が咲き、アキノミチヤナギも小さな赤い花をつけ、ウラギクの花も蕾が膨らみ咲く頃合いを待ちながら暑さに耐え、ハママツナは実をつけて紅葉の準備をしています。センダンは花から想像もつかない薄緑の大きな実を付けています。
アシの穂
ハマサジの花
ハママツナの実
 
本日のクリーン作戦は、国際ビーチクリーンアップゴミデータ調査参加のクリーン作戦でした。若人の参加が多く、人工ゴミを回集し、ゴミの仕分けするグループとアオサを回収するグループに分けてから始めました。
説明
ゴミ仕分けは産業大生と先生のグループ、他は親子連れと山之内さんの3名のグループで16袋を仕分けました。
清掃のようす1
清掃のようす2
清掃のようす3
残った人は、ソリ、一輪車、リヤカーとそれぞれ好みで運び、高校生や、中国からの留学生、企業、一般の方も新聞や、インターネットで知り参加される方が多くアオサも多く回収する事が出来ました。最後にお茶を飲みながら歓談し、塩生植物のことや、望遠鏡で野鳥の観察もして頂きました。
ゴミ集計
集まったゴミやアオサ

 参加の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/93-9880b079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク