11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多 - /海風も涼風となり快適な探鳥会でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多 -
2013年 9月8日(日) -曇りのち晴れ- 中潮(干潮4:47 満潮11:17)
[観察鳥種] 22種 [参加者数]10名

9月になるとさすがに秋の気配があちこちにただよい、海風も涼風となり快適な探鳥会でした。
探鳥会のようす
集合地の和白公園の桜の葉も色づき始めています。サンゴジュの赤い実と並んで、美しかったです。
サンゴジュの実と桜の紅葉始め
和白干潟のアシ原を背に大群でたたずむダイサギ、アオサギの姿はいい眺めでした。2羽のトビが頭上を低く飛びまわって、感動しました。親子連れのようです。鉄塔の線に止まったミサゴも親子のようでした。
ミサゴ
電線に止まっているツバメがは幼鳥らしく淡い色です。ツバメは最後の子育てでしょうか?
護岸の道で真っ赤なアカテガニに出会いました。
アカテガニ
ウスバキトンボが群れ飛んでいました。塩浜のクリークの鳥の観察が草木が生い茂って見づらくなったので、何か良い方策はないでしょうか?いろいろ案が出ていたようですが・・・。
奈多の護岸上にはダイサギ、アオサギに混じってソリハシシギとキアシシギが仲良く休んでいました。
サギとシギたち
歩道の傍にはメドハギ、シナガワハギ、シロバナシナガワハギ、アレチハナガサ、メマツヨイグサ、ツルボの花などが美しく咲いていました。   
メドハギ
シナガワハギ
シロバナシナガワハギ
アレチハナガサ
メマツヨイグサ

(R・K)

【参加者の感想】
・久しぶりにカワセミに会えた。
・シギの声は聞いたことはあったが、目でよく見れてよかった(新人の2人)。
・ミサゴの幼鳥を初めて見た。
以上感動の声でした。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/89-9b7eed79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク