11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2013年秋期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。 

2013年秋期シギ・チドリ調査報告      山本 廣子

●秋期シギ・チドリ調査2回目を行いましたので報告します。

今津では9/1(日)午前中に調査を行いました。
トウネン15羽、アオアシシギ32、セイタカシギ7羽など、9種66羽がカウントされました。他にはミサゴ1羽が観察されました。
調査のようす
博多湾東部では9/5(木)午後に調査を行いました。
アオアシシギ18羽、ソリハシシギ37羽など、6種71羽がカウントされました。他にはミサゴ3羽が観察されました。
ソリハシシギ
ミサゴ
今日9/5の博多湾東部の調査では、奈多、雁ノ巣、名島海岸にはアオサが多く堆積していました。潮干狩り客は和白から雁ノ巣までで22人でした。大雨が続いた後のためか、沿岸にはゴミが目立ちました。多々良川上流は大雨の後で水量が多く、水際のわずかな干潟が干出していないためにシギたちは見当たらず、下流域に集まっているようでした。ミヤコドリは若鳥2羽が越夏していたのですが、今日はいませんでした。北風が強く吹き付けており、ウエイクボードの船は見られませんでした。和白川河口のRKBラジオ塔の補修工事が行われていました。

今津では今回の大雨で水田に水が入り、水田の方にシギが多くいました。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部が5名でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/88-2f993538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク