11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「AQUA SOOIAL FES!2013」和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/お疲れ様でした。 

「AQUA SOOIAL FES!2013」和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:7 /27 (土)15:00~16:40                                  
●参加者:158名: 城東高校64名(内教師2名)九州産業大生13名(内教師1名)一般7名
●「AQUA SOOIAL FES!」:62名、守る会:12名
●回収ゴミ:合計:130袋)
 可燃ゴミ:2袋(アオサ、人工ゴミ、自然ゴミ、)、不燃ゴミ:2袋、粗大ゴミ:、波板1枚、木枝2本、

 鳥は:季節的に少なく、ダイサギ、後背地ではウグイスが鳴いていました。
今和白干潟では、後背地には湿地帯が有り、ヒトモトススキが勢いよく赤銅色した大きな穂を付けています。
ヒトモトススキの穂
 アシは伸びて2m以上になっていて、アシハラの小道は狭くなりました。広場前辺りではアキノミチヤナギ、イソホウキギ、ハママツナ、ハマサジは環境に合ったのか範囲を広げて大きく育っています。
嬉しいことには干潟ではコメツキガ二の砂団子が足の踏み場も無い位になった所も多々有ります。
2013_0727JT 画像0005 
 クリーン作戦では、「AQUA SOOIAL FES!2013」参加で行われました。(トヨタの全国52箇所で行われており)主催者の挨拶の後、守る会代表山本さん、山之内さんの説明があり、約50分清掃をし、喉を潤しながらの歓談後は望遠鏡で野鳥観察や、塩生植物観察など取り入れてそれぞれ楽しんでおられた様でした。 
 家族連れで小さい子供さんの参加も多く、遠くの方など各地から参加されており九州産業大生、城東高校生、又一般の方々に和白干潟を知っていただく良い機会だと思います。
2013_0727JT 画像0014
2013_0727JT 画像0017
2013_0727JT 画像0026
 アオサも低いところには多く集まっており約9割がアオサでしたが、暑さに負けず高校生など頑張っていて若い力で頼もしい限りでした。心配していた熱中症に誰もならなくて幸いでした。
 特に広場前の植物に覆いかぶさったままのアオサを取り除いてもらい見事に綺麗になりました。
 参加の皆さま、有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)
2013_0727JT 画像0036
2013_0727JT 画像0043

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/81-48ef98bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク