11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多 -/探鳥会は鳥を見ることだけでなく、色んなすばらしい人々と出会うことができる楽しい時間だ。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→5丁川河口→奈多 -
2013年 7月14日(日) -晴れのち曇- 小潮(干潮6:42 満潮13:7)
[観察鳥種] 24種 [参加者数] 9名

 例年より早く梅雨が明けた。せからしかせみしぐれの中和白駅前公園で、熱中症の予防策や今回期待される鳥たちの紹介、参加される方の自己紹介、他地区の今後の予定等の打ち合わせをして出発した。
セミ
 和白川河口ではたくさんのハクセンシオマネキが手を振って私たちを迎えてくれた。そのすぐ横の木の枝でアオサギが涼をとっている。
アオサギ 
 河口右岸のトキワススキの群落は盛りを少し過ぎた頃だ。その下にはコマツナギが可憐な花を咲かせていた。
トキワススキ
 カワセミが現れそうに無いので次に進んだ。先月聞かれたひばりの声もオオヨシキリの声も聞こえない。どこに行ってしまったのだろう。望遠鏡を遠くのアシ原に向けるとダイサギが2羽、その奥にアオサギが2羽たたずんでいる。右に少し角度を回すとここはにぎやかだ。牧ノ鼻海岸にはハマボウの黄色い花が満開になっている。
牧の鼻のハマボウ 
 塩浜クリーク横の歩道の右にあるシイの木は勢いよく茂っており、トベラの実も生っている。
トベラの実 
 ふと前方を見ると低空を1羽のトビが音も無く悠々と滑空し近づいてくる。歩道の真上の頭上を通過して行った。思わず見とれてしまった。
トビ 
 ウスバキトンボやナガサキアゲハなどの昆虫もたくさん飛んで、既に真夏の様相である。
5丁川河口横の畑でハクセキレイを発見、すぐ横にコチドリも確認できた。センダンの木があちらこちらで大きくなっている。鳥たちが実を食べ種をあちこちに蒔いた結果だろか。何年か経つとこの辺りはセンダン通りとなりそうだねと誰かが言っていた。向こう岸ではセッカの泣き声がし、オオヨシキリの声も聞こえた。歩道を2羽のキジバトが同じ方向に歩いている。道端にはハマナデシコのピンクの花が咲いている。
 奈多に到着しカワウとダイサギを確認した。
カワウ 
 ダイサギの更なる細かい見分け方を教わった。オオダイサギやチュウサイサギなど・・・。ダイサギだけでも色々いるものだと感心した。残念ながら期待していたコアジサシは今回も観られなかった。奈多で鳥合わせを行いながら、今回参加された野鳥の識別に詳しい方に、野鳥に関するさまざまな話を聞くことができ大変参考になった。銀杏のようなセンダンの実をいただき、持ち帰りコップに挿して楽しんでいる。探鳥会は鳥を見ることだけでなく、色んなすばらしい人々と出会うことができる楽しい時間だ。 (S・M)
探鳥会のようす
【参加者の感想】
・野鳥たちの夏の姿が観れて良かった。
・ハクセンシオマネキがかわいかった。
・満開のハマボウが綺麗だった。
・たくさんのトンボの様子がみれてよかった。
・オオダイサギの識別方法が分かってよかった。
・コマツナギが綺麗だった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/78-95ed78a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク