11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校の和白干潟観察会報告/貝に目はあるの? 

和白小学校の和白干潟観察会報告

日時:2013年7月2日(火)9:40~11:45 天候:晴れ 小潮(満潮4:56干潮11:34)
場所:和白干潟海の広場~アシ原前~砂洲~沖~和白川河口
参加者:和白小学校4年生113名と先生5名、守る会9名

 和白小の観察会は年間を通して春夏・秋冬の干潟観察、最後は3学期にまとめの発表会と計画が立てられていますが、最初の観察会予定日は雨で延期となっていました。今日は午後から雨の予想を覆し、晴天の観察会日和となりました。元気いっぱい歩いて登場の和白小学校4年生と5人の先生(男性1、女性4)とまずご挨拶、山本さんのお話から始まりました。
干潟のお話 
 干潟と海岸の違い、和白干潟の特徴、鳥やカニたちの話など20分にわたり説明しました。今日は涼しい風が吹き渡る木陰で座ってみんな熱心にお話を聞いていましたが、「塩生植物」「有機物」などの言葉は簡単に説明する工夫も必要かと思いました。
 説明の後、望遠鏡8台で干潟の鳥を観察しました。
野鳥観察 
 夏なので、鳥の種類も数も少なく、コサギ、ダイサギ、トビ、カラスを見ることができました。鳥が少なかったためカラスを望遠鏡でのぞいてみるとカニを食べている様子が観察できてとても興味深かったようです。 
 アシが繁り過ぎていたためハママツナ、ハマウド、などの塩生植物を説明しながら沿岸を歩き、アシ原前であらかじめ捕獲しておいたアシハラガニを観察しました。
アシ原の植物観察
 コメツキガニの巣穴を見つけスコップで掘る、手で捕まえるなどこどもたちはもう夢中です。
コメツキガニの巣穴と砂団子
コメツキガニ堀り
コメツキガニ
 砂洲から沖へ行き、自分の手の感触でアサリを見つける貴重な体験です。
浅瀬を歩く 
 アサリの数も適当で、大きなものには出会いませんでしたが、手で掘ることを楽しむことができたようです。アサリと一緒にマメコブシガニがよく見つかっていました。
どんな生き物がいたかな? 
 そこから和白川河口まで干潟を歩きハクセンシオマネキの観察をしました。
ハクセンシオマネキ観察
ハクセンシオマネキ
 子どもたちは望遠鏡をのぞいて巣穴から出てはさみを振るウェービングに感心していました。このハクセンシオマネキが絶滅危惧種であり、君たちは見られることだけでもすごいことなんだよ、と和白干潟の環境の大切さを説明しましたが、わかってくれたかでしょうか。
 最後に、まとめで、アサリの浄化実験の結果を見せると、感嘆の声が上がりました。短時間にアサリがこんなに海水をきれいにしてくれている、アサリがいなかったら和白の海はどうなったと思う?という問いに、汚くなるよね~とアサリの働きに感心していました。
アサリの浄化実験
 取れたカニや貝を見せてまわり、質問もたくさん出ました。貝掘りのとき、貝に目はあるの?という質問も出たそうです。貝殻を拾って組み合わせ、楽器にした子どももいて、五感を使って干潟を楽しむことができたようです。(E・I)

●観察された野鳥:トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カワラヒワ、コサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、ツバメ、ウグイス、ムクドリ
●生き物:コメツキガニ、マメコブシガニ、オサガ二、ケフサイソガニ、アシハラガニ、アカテガ
ニ、ハクセンシオマネキ、ウミニナ、ホソウミニナ、ヤドカリ、アサリ、オキシジミ、
マガキ、アカニシ、ユウシオガイ、アラムシロガイ、ゴカイ、ヨコエビ
●植物:ハマウド(実)、ハマニンニク(穂)、クサヨシ(穂)、ハママツナ、ハマサジ、ホコガタ
アカザ、イソホウキギ
●海藻:オゴノリ、ミル、ボウウアオノリ、アナアオサ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/77-02eb7b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク