11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

香椎保育所の和白干潟観察会報告/素朴な質問ながらよく観察しているのに感心しました。 

香椎保育所の和白干潟観察会報告                   
日時:2013年6月3日(月)9:50~11:35  長潮(満潮5:52 干潮12:10)
場所:和白干潟、アシ原、砂洲      
参加者:香椎保育所さくら組(年長児)36名と先生8名と保護者5名 
(ゆり組(年中児)36名も来て最初のご挨拶を一緒にしました。)
    守る会4名

 今日は朝から快晴で涼しい風もあり、保育所の子どもたちにとって快適な観察会でした。
木陰で山本さんの干潟の話と紙芝居がありました。
干潟のお話 
 昨日の雨の後で土が濡れていましたから、この次からはブルーシートにゆっくり座らせて話したら良いかと、後の反省会で話し合いました。
 望遠鏡は初めて使う子どもたちで、鳥も遠くにいるため探しにくいようでした。
野鳥観察
 干潟ではカニたちが多くいて、子供たちはカニ獲りに夢中になっていました。
干潟の生き物観察1 
 なかにはハサミの大きなアシハラガニを手で捕まえたり、飛び回るフナムシをつかむ器用な子もいました。
干潟の生き物観察2
 オキシジミやアサリも多く、アサリの浄化実験もうまくいきました。
貝の浄化実感
 最後に質問がたくさんありました。「なぜ渡り鳥は夏は少ないか?」「カニや鳥たちはなぜ大きさが違うのだろう?」「コメツキガニの腹側はなぜ紫色なのか?」など、素朴な質問ながらよく観察しているのに感心しました。

 保護者5人の方に和白干潟のパンフレットを配りました。観察会前には海にいた2羽のクロツラヘラサギが飛び去ってしまい、残念なことでした。(R・K)
記念写真
 
以上

★観察された鳥:ダイサギ、コサギ、アオサギ、スズメ、ガラス、ウグイス、ツバメ、
シジュウカラ
★観察された干潟の生き物:アサリ、オキシジミ、ユウシオガイ、アラムシロガイ、ウミニナ、
:         ホソウミニナ、ウミニナ、マガキ、ヤドカリ
          コメツキガニ、ケフサイソガニ、オサガニ、アシハラガニ、
クロベンケイガニ、
タマシキゴカイ、ゴカイ、ヨコエビ、フナムシ
★観察された海藻:オゴノリ、アオサ
★観察された塩生植物:ハママツナ、イソホウキギ、ハマサジ、ホコガタアカザなどが大きくなりつつあった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/73-3ede352c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク