11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2013)/お疲れ様でした。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2013)

●日時:5/25 (土)15:00~17:00 
 ※本日のクリーン作戦は定例のクリーン作戦とキヤノン企画潮干狩りも兼ねて行われました。      
●参加者:39名 一般3名、キヤノンMJ&CS13名、九州産業大生11名、守る会12名
●回収ゴミ:合計 44袋
      可燃ゴミ41袋(人工ゴミ自然ゴミ) 不燃ゴミ3袋
粗大ゴミ(プラスチック筒1個、木枝6本、浮き大1個、小1個、板2枚)
●潮干狩りが多く残念ながら鳥の姿は少なかったです。
 ダイサギ2羽、アオサギ1羽、チュウシャクシギ1羽、ハシブト&ハシボソカラス多数、潮干狩り人数雁ノ巣迄 で約900名
 
 今和白干潟ではアシが背丈より伸びていて、濃い緑一色でとても涼しげです。小道には、ハマヒルガオやハマウド、センダン満開で、センダンの花はほのかな良い香りを漂わせています。
 ハマヒルガオ
 ハマニンニクは青々と茂り、未だハマエンドウの花も観る事が出来ます。広場前ではハママツナ、ハマサジも大分大きく育っています。
シャリンバイ
 クリーン作戦では、今回は北西の風、西風、北風が少なく海が荒れる事もなくて、雨も少なく唐原川清掃も有った為か?干潟や波打ち際も人工ゴミのペットボトル類が少なく思いのほか綺麗でした。
クリーン作戦4
 アシ原の中には有りましたがアシが伸びている為に目立ちませんでした。初めて参加された方は何時もこんなに綺麗なのか?と思われた事でしょうね。それでもタバコの吸殻や、小さなビニールのペレットは沢山有りました。
クリーン作戦2

参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/71-dddb8a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク