11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

5月キヤノンMJグループ「未来につなぐふるさとプロジェクト/皆さんの楽しい経験が干潟保全の行動につながっていくことを期待します。 

5月キヤノンMJグループ「未来につなぐふるさとプロジェクト」企画報告
日時:2013年5月25日(土)15:00~17:30
場所:海の広場から和白干潟沖合
参加者:キャノンMJグループ社員13名(潮干狩り参加8名)。守る会:3名(山本、田中、今村)

 4月に引き続き、今年2回目で最後の企画も真夏のような晴天にでした。今回も、クリーン作戦に続き、潮干狩り企画を実施しました。
干潟のお掃除は九州産業大学の学生たち、一般の方たちも参加して広場前からアシ原に向かって進みました。ゴミの量は予想していたより少ない印象でした。
大変暑い日でしたので4時にクリーン作戦を終了し、潮干狩り希望者8名とよく引いた干潟を歩き、水際まで行って手で貝掘りをするよう山本さんの指導ではじめました。
潮干狩り開始
先月大きなアサリが採れたことから、皆さんやる気満々。潮干狩り客も連日多い中、今回はどうかな?と心配しましたが、大きなアサリがたくさん採れました。
前回のアサリ堀名人
アサリのほか少数ですがサルボウガイ、アカニシも採れていましたが、オキシジミは先月も今月も見当たりませんでした。タマシキゴカイやツバサゴカイなどの底生生物やマメコブシガニなどの説明をしました。残念ながら今回ガザミは出てきませんでした。
ツバサゴカイも見つけました
コメツキガニ1
田中さんの浄化実験は『おお!』と感嘆の声が出るほど短時間でクリアな水に変化するアサリの浄化力を証明できました。
アサリの浄化実験
今回も特にたくさん掘り当てる方がいて、帰りには重くてかわるがわる交代するほどでした。
たくさん採れたアサリ
初めて潮干狩り体験をしたという方も2名いらっしゃって、皆さん大満足で来年もこの企画をしたいとのことでした。皆さんの楽しい経験が干潟保全の行動につながっていくことを期待します。
反省点としては、今回は海の広場に設置してあった港湾局の倉庫とトイレが、設備更新のため一時的に撤去されていることを事前連絡していなかった、ということです。これまでの経験から長靴の貸し出しを当てにして持参されなかった方が何名かおられ、靴を脱いで靴下で干潟に入るという選択をされていました。さいわい怪我等もなく終わりましたが、長靴はほかの団体の物であり、安易に使ってもらっていたということを少し反省しました。守る会でも少しは準備の必要があるのかもしれません。(E・I)
記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/70-228279be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク