11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/夏の気配を感じる探鳥会でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸〜海の広場~アシ原~砂洲~唐原川河口 -
2013年4月14日(日) - 晴れ -  中潮(干潮18:01 満潮11:25)
[観察鳥種] 30種 [参加者数]17 名
 今日は暑いくらいの陽気でした。歩く道端にはタンポポやスミレが咲いています。春の渡りの時期で、先週はオバシギ71羽やオオソリハシシギ11羽などのシギたちが見られました。
 今日は満潮時に近く干潟は少ししか出ていませんでした。アシ原前に残った砂洲付近にカモたちと一緒にホウロクシギやダイシャクシギが休んでいました。
探鳥会の様子
砂州の鳥たち(アシ原前砂州)IMG_0859a11L 
 カモたちも北へ渡ってしまって、もうずいぶん少なくなっています。マガモやオナガガモなどの総羽数は50羽程でした。
砂州の鳥たち(アシ原前砂州)IMG_0901a11L 
 アシ原入り口ではハママツナやハマサジの新芽やハマニンニクの穂が見られました。
ハマニンニクの穂(海の広場)IMG_0872a11L
 アシ原中道にはハマエンドウやオオジシバリなどが花盛りで、きれいでした。
ハマエンドウ(アシ原)IMG_0876a11L
 林ではウグイスが鳴いています。木の枝にノビタキが止まっており、皆の目を楽しませてくれました。
ノビタキ 
 砂洲に出て、少しだけ残っているヨシガモやヒドリガモを観察しました。ウミアイサは遠くを泳いだり潜ったりしていました。カワウも飛んできて砂洲で羽を乾かしました。
 さらにアシ原を通って唐の原川河口まで行きました。満潮時で畑に上がる道が海水に浸かっており、戻ったりしました。道路まで出て唐の原川河口左岸の海辺まで来て、唐原側の岸辺に休むカモたちを見ながら鳥合わせをしました。満潮のために春の渡りのシギやチドリたちに余り会えなかったのが残念でしたが、牧の鼻の岩場で泳ぐ男の人がいて、夏の気配を感じる探鳥会でした。 (山本 廣子)

ハマウド(海の広場)IMG_0870a11L

★ 参 加 者 の 感 想 ★
・カワウが羽を広げたのが見れて良かった。
・ホウロクシギがよく見れた。
・いつも山鳥を見ているので、海鳥が見れて良かった。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/62-29639129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク