11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

日本湿地ネットワーク(JAWAN)講演会関係者の和白干潟見学会報告/今回はJAWANや講演者の皆さんに和白干潟を応援してもらったようなイベントでした。 

日本湿地ネットワーク(JAWAN)講演会関係者の和白干潟見学会報告  山本 廣子

日時:2013.4.7(日)9:30~14:30
場所:和白川河口~海の広場~アシ原~砂洲~唐原川河口~きりえ館
参加:JAWAN講演会関係者 9名、守る会 6名、毎日新聞記者(関東)

 昨日からの雨に今朝は強風も加わって荒天です。9:30に亀の井ホテルロビーに守る会の車3台が集合して、JAWAN講演会関係者を和白干潟に案内しました。JAWAN代表の辻さんも車いすで参加されました。吉田さんが介助で付き添っておられます。小雨でしたが和白川河口で車を降り、海辺に降りて遠い沿岸にいる60羽のオバシギの群れを確認しました。
和白川河口で観察
 堤防の道に上がり、塩浜の干拓の歴史や塩田跡が畑地になった経緯などを説明しました。堤防の改修では干潟が6mも埋められるので反対したが工事を押し切られたこと、護岸上に港湾局がきりえの案内板を作ったことなどを説明して見てもらいました。そこから見える人工島や雁ノ巣にかかる橋を紹介。畑地の作物はハカタネギが青々と育っており、奈多イモもおいしいことを紹介しました。
海の広場で
 10:15頃にきりえ館に向かい、守る会の3名と合流しました。昨日の講演会を取材して翌朝の毎日新聞に記事を掲載した毎日新聞記者も参加。きりえ館に荷物を置き、出かけようとすると「ヒョウが降っている」と外の様子を伝えられ、少し待つことにしました。2階のギャラリーに展示しているきりえ作品を鑑賞いただき、お茶を飲みました。
きりえ館ギャラリーで
 天候が回復したので干潟に出かけました。雨上がりですがすがしく海の広場では、遠くから見たオバシギの群れが良く観察できました。他にはホウロクシギやセグロカモメ、オナガガモ、マガモなどがいました。木々やアシ原から海へと続く自然の海岸線に見学者は感動していらっしゃいました。昨日の講演会で佐藤先生が「干潟本来の自然海岸は干潟へ山の地下水を供給しており、干潟を健全で豊かにしている」と話されましたね。干潟の沿岸にはハママツナやホソバノハマアカザやホコガタアカザなどの小さな新芽がたくさん出ていました。植物を紹介しても皆さんが強く興味を持って見てくださるので、大変嬉しかったです。ハマサジやハマニンニクの穂、シオクグの穂が出ている様子を見ました。
 アシ原の中道には大きなカニの穴が空いていました。クロベンケイガニがちょっと顔を見せました。ハマエンドウの花が咲きだしていました。砂洲に出て唐原川河口まで佐藤先生と助手の大崎さんがスコップで干潟をあちこち堀り起こしてゴカイを採取しました。チロリの仲間、コケゴカイなど数種類のゴカイを採取しました。時間がせまってきたので、海側を通って帰路につきました。
ゴカイ調査
唐原川河口で
 きりえ館で昼食の弁当を食べながら懇談しました。佐藤先生はゴカイをアルコールにつけて、見せていただきました。チロリの仲間のゴカイの口や牙などを初めて見ました。小林先生からは昨日講演いただいた中の「和白干潟のラムサール条約の国際基準を充たしているのは、3項目ではなく4項目です。」と言われた件を聞き、詳しく教えてもらいました。これはとても嬉しいことでした。環境省のHPで再度確認してから、認識を改めなければ思っています。お二人とも、もう最初にお会いしてから15年以上になります。佐藤先生は諫早が締め切られる頃のシンポジウムに参加した時にお会いしました。和白干潟を守る会のガイド講習会でも講師をしていただきました。小林先生はスイスのラムサール事務局に日本から出向されている頃に、博多湾市民の会で守る会が活動しているところに来てくださったのです。それ以来和白干潟通信をラムサール事務局に送り続けました。小林先生はそれを英訳して紹介してくださっていました。釧路公立大学の先生になられた後で、今村さんたちと北海道を訪問した折には釧路湿原の案内など、大変お世話になりました。食後に皆で「ミヤコドリ」の歌を合唱しました。

 今回のJAWAN総会と講演会、和白干潟見学会はとても実り多い企画でした。最初の打ち合わせの時にはJAWAN事務局の意向がなかなか理解できずに心配がありましたが、会って話すことができれば理解しあえるものだと思いました。他の湿地の現状報告も興味深く聞けました。ラムサール条約登録地になっても、なかなか保全されていない湿地があることもわかりました。ラムサール条約登録は保全のための1歩ですね。あきらめずに保全活動を続けていくことが大切です。佐藤先生も諫早の復活を訴え続けておられます。そして日本各地の干潟を応援していらっしゃいます。
海の広場で
 最後に参加者を人工島内を通ってJR香椎駅まで送りました。今回はJAWANや講演者の皆さんに和白干潟を応援してもらったようなイベントでした。JAWANの皆さんや講師の方々に感謝いたします。皆で協力してイベントのお世話をした和白干潟を守る会の皆さんも、大変お疲れ様でした。

   以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/61-c08f1e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク