11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/春の渡りの鳥たちも観られるようになりました。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2013)
●日時:3 /23 (土)15:00~17:00                  
●参加者:14名  一般4名、守る会:10名
●回収ゴミ:合計:74袋)
可燃ゴミ:73袋(人工ゴミ) 不燃ゴミ:1袋
粗大ゴミ:、バイクの部品、プラスチックケース1個、ポリバケツ蓋、板切れ1枚、枝など4本

観られた鳥:ホウロクシギ3羽、ダイシャクシギ1羽、クロツラへラサギ3羽、オオソリハシシギ1羽、カモではマガモ、オナガガモ、ヨシガモ、カルガモ、ヒドリガモ、スズガモが観られました。朝はツクシガモ3羽も観られました。
クロツラヘラサギとホウロクシギ
オオソリハシシギ

今和白干潟では、植物の芽が沢山出ていて大分大きくなりました。ハマニンニクは何本か穂も出ていました。
ハマニンニクの穂
ハマウドは我が物顔で葉を広げていて、アシの芽も大分大きくなりました。ハマダイコンの花も満開です。後背地には彼方此方に山桜も満開になりとても綺麗です。
ハマダイコン
山桜

春の渡りの鳥たちも観られるようになりました。種類も増えますのでこれからが楽しみです。

クリーン作戦では、雨の予報が出ていて心配でしたが、良い天気に恵まれて風も無く良かったのですが、先日からの春の嵐と大潮、雨とも重なり、広場前から砂州辺りまで幾重にもゴミが打ち寄せられていて凄い状態に成っていましたが、少ない人数ながら効率よく清掃することが出来ました。
クリーン作戦1
初めて城南区より若い女性の参加も有り、また鳥の撮影に来ていた方も途中参加して下さいました。お陰さまでとても綺麗に成りました。
記念写真
参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/60-f4e98a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク