11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸〜海の広場~アシ原~砂洲~香住丘公園 -/これから新しい鳥たちと出会い、その羽の移り変わりなどを楽しむ季節を待ち遠しく思います。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸〜海の広場~アシ原~砂洲~香住丘公園 -
2013年3月10日(日) -曇り、強風、黄砂多い-  大潮(干潮14:50 満潮9:14)
[観察鳥種] 32種 [参加者数]12 名

 前日までの春のような陽気が嘘のように曇り、薄暗く冷たい風が吹き付けます。雨の予報もあってか参加者は少なめでした。9:00より山本さんから挨拶があり、明日が東日本大震災から2年になるので、被災地の復旧と自然の復活を願い参加者全員で一分間の黙祷を捧げました。
 9:20頃和白公園から出発、道すがら3羽のセグロカモメが滑空していくのが見えました。9:25頃、和白海岸で観察を開始。
探鳥会のようす
普段の和白干潟の凪いだ水面と違って、大潮と強風が重なり、騒がしく波立っています。波にもまれるようにしてマガモ、オナガガモ、スズガモがいます。
探鳥会   飛び立つマガモの群れ
鉄塔の足下や砂洲にいるものも、じっと微動だにせず強風に耐えているようでした。沖合の風景は黄砂で霞んでいます。
探鳥会 砂州のカモたち
 10:00から10:30の間に海の広場から砂州で観察を続けました。新たに3羽のウミアイサを見つけたものの、たいていのカモはすでに去ってしまって、天候や波の状態と相まって景色が寒々と見えます。皆薄着で来ているので、強風の海辺で長居をしていたら寒くなってしまいます。
 まだ11時前で終了には早いので香住ヶ丘公園まで山の野鳥を探しにいく事になりました。そこではシロハラやツグミなどを見つける事ができました。木の間をぬって鋭く飛ぶ影があり、何とツバメでした。連日暖かな日が続いたので例年より早めの初認だそうです。
 12:00頃に公園で、鳥合わせを行い解散しました。鳥種は多くはなかったですが、春の訪れらしいものを道すがらに見かけました。道ばたのアスファルトの隙間からはスミレがいっぱいに咲き、海の広場にはハマウドやハマニンニクの若葉が繁り始めていました。
探鳥会 すみれ 
 カラスも巣作りの途中でした。カモたちが去り、これから新しい鳥たちと出会い、その羽の移り変わりなどを楽しむ季節を待ち遠しく思います。(N・E)                 

探鳥会 ハマサジの新芽

 ★ 参 加 者 の 感 想 ★

・鳥の種類が変わっていた。
・ダイシャクシギが久しぶりに見れて良かった。
・ヒヨドリが梅の花を食べていて面白かった。
・ツバメを今年初めて目撃できたのが一番の収穫だった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/59-235cd439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク