11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸〜海の広場~アシ原~砂洲-/季節ごとの鳥の変化を楽しみたいと思います。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸〜海の広場~アシ原~砂洲 -

2013年1月13日(日) -曇り-  大潮(干潮16:39 満潮11:14)
[観察鳥種] 56種 [参加者数] 19 名   [担当者] 2名

 昨年の12月に東京から福岡に転勤となり、新年より本格的に福岡での鳥見生活をスタート。
昨日の大濠公園の探鳥会に続いて、和白干潟の探鳥会に参加しました。
113探鳥会の様子

集合場所の和白駅前公園から干潟まではほんの数分。ほぼ満潮でわずかに残った干潟(砂洲)と湾を見ると、ツクシガモの大群が目に入って来ました。東京ではまず見られないツクシガモ。改めて九州に来たことを実感しました。
シギ・チドリは11羽のミヤコドリやハジロコチドリがいましたが、全体的に数が少なく、期待していたほどではありませんでした。しかし、干潟の鳥以外にもアシ原や樹林帯でキクイタダキやイカルなどの小鳥も楽しむことができ、終わってみれば50種を超える大満足の結果となりました。
探鳥会後は、ガン・カモ類一斉調査に参加しました。探鳥会を行った和白に加え、奈多、雁ノ巣の計3箇所に分かれて同時にカウントを行いました。私は雁ノ巣の調査に参加しました。潮が引いて干潟が現れるにつれてシギ・チドリが増え、探鳥会では見ることのできなかったハマシギ、ミユビシギあわせて約600羽の群れを見ることができました。
113ツクシガモやミヤコドリなど

113ハジロコチドリやダイゼンなど

ハマニンニク(アシ原)5Z8F7522a12L

ハマサジ(アシ原)5Z8F7523a12L

次月以降も定期的に探鳥会に参加し、季節ごとの鳥の変化を楽しみたいと思います。(M)

【参加者の感想】
・ツクシガモをたくさん見られて良かった。
・ダイシャクシギのくちばしが長く、感動した。
・ミヤコドリが良かった。
・シメやイカルが見られて嬉しかった。
・初めて参加したが、鳥の素晴らしさを感じた。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/50-623c1d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク