11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

干潟を駆けるシギの群れ/春の和白干潟はすばらしいですね。 

干潟を駆けるシギの群れ

 4月17日、ハマエンドウの写真を撮ろうと奈多護岸に行きました。護岸のクリークがわには、ハマエンドウが紫色の花を咲かせていました。
ハマエンドウ5Z8F5554a12L
 写真を撮りおわった後、奈多の護岸から海の広場方向を望遠鏡で覗くと、潮干狩りをする人たちのそばを20羽ほどのシギの群が水辺を移動しているのが見えました。直ぐ、海の広場に向かい、長靴に履きかえて干潟に入りました。シギの群は21羽のオバシギと2羽のオオソリハシシギでした。オバシギは夏羽に変わっており、胸元が黒く、背中が赤褐色になっていました。
オオソリハシシギ5Z8F5635a12L
 春の干潟をせわしなく駆けるシギたち、春の和白干潟はすばらしいですね。
オバシギ5Z8F5696a22L
帰って撮った写真を良く見てみたら、オオソリハシシギがオゴノリを咥えているのが見え、カニやゴカイだけではなく、海藻も食べているのが判りました。 (Y.Y)
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 1   tb 0   page top

コメント

ハマエンドウがきれいですね!

ブログ更新いつもありがとうございます。
探鳥会レポートを書かせていただいたN.Iです。
ハマエンドウの美しい紫色にハッとしました。
春になって、カモたちは少なくなったでしょうが、
植物やシギたちの生命力が感じられそうですね。
N.I #- URL [2012/04/18 18:00] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/5-50a8ea1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク