11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/皆さんの頑張りで見違えるように綺麗になりました。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告
●日時:11 /24 (土)15:00~17:00                   
●参加者:72名 
城東高校57名(内教師6名)一般:3名、守る会:15名、
●回収ゴミ:合計608袋(内アオサを袋に換算すると600袋)
可燃ゴミ:7袋、(人工ゴミと草木、)含む、不燃ゴミ1袋、(ビン・缶)等  

観られた鳥:(朝はミヤコドリ2羽、ハマシギ等約500羽)クロツラへラサギ2羽、コサギ、ダイシャクシギ1羽、沢山の淡水ガモで、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ他
                           
今和白干潟の植物は冬支度に入り、後背林には紅葉している木々もまだ見られます。
干潟では、越冬の為のカモ達が多く、オナガガモ、マガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、特にヒドリガモが多く美味しそうにアオサを盛んに啄ばむ姿がとても可愛く、今年はハシビロガモも目立ちます。沖にはスズガモが多く、ハマシギ、ミユビシギ、シロチドリ等沢山のシギやチドリ達に会う事も出来ます。

クリーン作戦では大潮の時に北西の風等の季節風が強く吹いた為に、内海でも波があり沖のアオサが、広場の上やアシ原の中程一面、大量に押し寄せ覆い尽しています。その為アシ原入口がふさがれて通る事も儘ならず、明日の干潟まつりが心配でした。

幸いな事に城東高校から応援が有り若い力で見事に通路など確保し、全員が全力で頑張ってくれました。
2012_1125JT 画像0005
2012_1125JT 画像0011
2012_1125JT 画像0017

 毎回個人で参加されている方も大変だったと思います。皆さんの頑張りで見違えるように綺麗になりました。
港湾局委託業者も今朝も入っていましたが、運ぶ量が決まっていて中々進みませんでしたから本当に有難かったです。

最後にお茶、お菓子、矢部さん心尽くしのおにぎりを皆で頂きました。
2012_1125JT 画像0019
2012_1125JT 画像0021

今回のクリーン作戦は同時に明日の和白干潟まつりの会場整備もしました。2手に分かれて活動いたしました。
2012_1125JT 画像0013

参加の皆さま、有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)

沈み行く夕日IMG_0139a11L

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/42-ee11f31d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク