11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/多くの鳥たちと出会えました。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白海岸〜海の広場~アシ原~砂州 -
2012年11月11日(日) -くもり時々小雨-  中潮(干潮13:21 満潮7:34)
[観察鳥種] 41種 [参加者数] 7 名

 前日から雨で今日も天気予報では午前中は雨となっていましたが、朝方には雨がやみ探鳥会は決行となりました。天候のせいか参加者は少なかったですが、鳥は多かったです。集合地の和白駅前公園の桜の木々も紅葉が美しかったです。
桜の紅葉
 
 和白海岸に出てすぐに多くの鳥を見つけました。干潟のいろんな場所で赤く染まったハママツナが生えています。
ハママツナの紅葉
 まるで群生した珊瑚のような砂州のハママツナを背景に、白くて丸いものが10見えました。丸まって休むクロツラヘラサギです。
クロツラヘラサギ
 ほかにもダイサギやカモなどがかたまっています。活動的なダイシャクシギは、遠くからでもよくわかりました。沖にはカンムリカイツブリやハシビロガモがいました。雁ノ巣の大橋の下で、カワウが水面上をぐるぐると舞っていました。
 海の広場までの30分ほどで、一気に潮が引きました。ときどきハマシギの群れがぱっと飛び上がります。小さな群れが分散しているようです。ほかの鳥を望遠鏡に入れると足下にハマシギが数羽いたりするなど、レンズの中に数種の鳥が一度に入る事が多く、嬉しかったです。
 アシ原の中道では、大きなハマガニを見つけました。はさみを広げた姿が20cmほどありそうです。珍しくてカメラを向けると、両腕を振って威嚇してきました。間違って挟まれれば大けがをしそうなほど立派なはさみでした。
ハマガニ
 テリハノイバラの実が真っ赤に色づいていました。
テリハノイバラの実
 砂州についてからは、さらに多くの鳥たちを見つける事ができました。しかもじっくりと近くで、活動中の様子を観察できました。一時間前には、じっとして動かなかったカモたちも活動を始めたようです。水面にお尻だけ出して餌をとっています。ハシビロガモは首の根元まで頭を突っ込んでいます。特徴的なくちばしは見えないので、図鑑をチェックしながら体の模様で判別しました(もちろんベテランのみなさんは図鑑を見なくても分かるのですが)。逆にクロツラヘラサギは、餌をとるときはあのヘラのようなくちばしをよく見せています。ダイゼンやシロチドリが懸命に餌を探す姿がかわいいと好評でした。
探鳥会のようす
 ミヤコドリは餌を近くにいたほかのミヤコドリに取られてしまいました。取られた方のミヤコドリは白と黒の部分がはっきりしていますが、取った方は黒いところが茶色がかっていて少しまだらになっています。一羽一羽個性があるのですね。
カモとミヤコドリ
 カラスは水の浅いところで貝を探すのですが、貝を探り当てると飛び上がり、コンクリートに落とすかと思いきや、砂地に落としました。何度も砂地に落としているところをみると、うっかり落としている訳ではなさそうです。カラスの貝割りは見て学ぶと聞きましたが、これから固い地面に落とす事を自分で学んでいくのかも知れませんね。
 今日は始終曇り空でしたが、雨は鳥合わせの時間まで持ちこたえ、多くの鳥たちと出会えました。ホオジロガモやツクシガモなどまだ渡って来ていない鳥もいますが、早くこの豊かな鳥種の中に加わるといいですね。    

(N・I)

以上

               
【参加者の感想】
・クロツラヘラサギの食事中の姿が見れて良かった。求愛も見れた。
・オカヨシガモが見れて良かった。 ・ダイゼンがかわいかった。
・ミヤコドリが和白干潟に来てくれてうれしい。
・たくさんの鳥が見れて良かった。潮と天候がよかったのだろう。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/39-a78cedd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク