09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2017年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様、雨の中を有難うございました 

2017年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告
●日時:6/24(土)15:00~16:00
●参加:67名、一般参加:5名、九産大44名内訳(宗像ゼミ先生1+学生11名 経済学部2名、外園ゼミ、先生1名+18名、澤田ゼミ先生1+10名) 西日本プラント工業3名、守る会15名
 
●回収ゴミ:24袋: 可燃ゴミ:22袋、不燃ゴミ:2袋 (人工ゴミ、自然ゴミ含む)
●粗大ゴミ:タイヤ3個、プラスチック容器1個
●潮干狩りの人:14名
●見られた鳥:ダイサギ5羽、アオサギ4羽、カワウ15羽、
      
 今和白干潟沿岸では、アシ原の緑が濃くなり、アシが穂を出す準備をしている様です。干潟では生きものたちが活発になりウミニナや、場所によっては、コメツキガニの砂団子が足の踏み場もないくらいになっています。アシ原中道や、海の広場側にも、ハマヒルガオや、濃いいピンクの可憐なハマナデシコの花が満開になって人々を楽しませてくれています。
ハマナデシコ

小さかったハママツナの新芽も大分大きく育っています。沢山出ていたハマニンニクの穂も終わり、来月にはハマボウの花も見られます。
ハマボウ

クリーン作戦では、始める頃から雨が降りだしました。問い合わせも何回かありましたが、とりあえず始める事にしました。テントを立てて準備をすると雨が次第に強くなりました。九産大関係者が大勢で参加して下さり、企業の方は、力が有り半分埋まっていた大きなタイヤもなんのそので、回収して下さいました。遠方では、筑紫野市に住む水産高校の生徒で、毎回参加をしてくれて今回も雨の中頑張ってくれました。全員が傘や、合羽で頑張って貰いました。
清掃のようす1
清掃のようす2
清掃のようす3

約40分間の清掃活動でしたが、ずぶ濡れになりながら後片付けを済ませてお茶とお菓子でねぎらいました。最後に本日の成果のお知らせをしました。
参加された皆様、雨の中を有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/337-fb01e501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク