10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告/ガイドのメンバーも次回の観察会を楽しみにしています 

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告

日 時:2017年6月19日(月) 10:00~12:40 長潮 満潮 5:18 干潮11:28
参加者 124名と先生4名
天候:晴れ
守る会自然観察ガイド:8名

 梅雨とはいえ、晴れの日が続き、天気予報では最高気温が30度という日の観察会でした。子どもたちは小学校から元気よく歩いてきました。山本さんは地元で母校ということで、熱心に和白干潟のことを伝え、子どもたちも話をとても真剣に聞いていました。
1和白干潟のはなし

バードウォッチングで望遠鏡をのぞいた子どもたちは「(鳥が)歩いている」「3羽いる」などと言っていました。珍しいカラシラサギも見ることができました。バードウォッチングの時間が終わる頃、まだ名残惜しそうに望遠鏡から離れる子もいました。
2バードウオッチング
3カラシラサギ、ダイサギ

海の広場でちょうどきれいに咲いているハマナデシコを紹介してから、アシ原に向かいました。
4ハマナデシコ

アシ原近くに行くと早速砂地をスコップで掘り始める子もいました。アシハラガニを探しにアシ原の中に入って行った4、5人の子はカニを手にして「とったぞ」「捕まえた」「3匹、4匹、超デカイ!」と口々に言いながら得意顔で戻ってきました。
少し沖に行ってコメツキガニを見つけると「おー、コメツキガニ!」と言い、貝を見ると「これ動きようよ」「めっちゃ動きよう」と何を見ても感激する子どもたちでした。子どもたちはカニを見つけるのが上手で、次々とカニを手にしていました。
さらに沖に進み、アサリを探しました。大きいアサリはあまりいませんでしたが、1センチぐらいの小さいアサリはよくとれ、浄化実験用のペットボトルに入れました。アサリが見つからなくて「いないな」と言っている子に「前の人がとったんだよ」と言っている友だちもいました。見つけた貝を大切そうにスコップに乗せて運んでいる姿もありました。
和白川河口に向かって、水の中を歩いたりアサリやカニをみつけたり、ゴミも拾いながら楽しんで歩き、ハクセンシオマネキを望遠鏡で見ました。「わー、(ハサミを)振ってる、振ってる。たくさんいる」と大喜びでした。「わー、見えた」と言ってにっこりする子もいました。
5生きもの観察
6ハクセンシオマネキ観察
7ハクセンシオマネキの群

最後にまとめをして、とった貝や海藻をみんなに見てもらいました。貝の浄化実験も大成功でした。
9浄化実験

「和白干潟を守る会で大切にしていることは何ですか?」「土を掘った時に黒いのはなぜですか?」などの質問が出ました。カニのオスとメスの見分け方を教えてもらうと、「あー、ほんとやん」「そういうことね」と納得していました。
8まとめ

時間があっという間に経ったので、もっとゆっくり干潟で過ごせたらいいなと思いながら、子どもたちを見送りました。ガイドのメンバーも次回の観察会を楽しみにしています。(K・A)

以上

野 鳥:アオサギ・ダイサギ・カラシラサギ・カルガモ・カワウ・ミヤコドリ(2)・トビ・ウグイス(声)
生き物:アサリ・オキシジミ・ウミニナ・ホソウミニナ・ヤドカリ・ユウシオガイ・アラムシロガイ・ホトトギスガイ・アシハラガニ・マメコブシガニ・コメツキガニ・クロベンケイガニ・オサガニ・ハクセンシオマネキ・ゴカイ・タマシキゴカイの卵・マハゼの稚魚・カレイ・ミズクラゲ・アカクラゲ
海そう:オゴノリ・ボウアオノリ・アオサ・アサミドリシオグサ
植 物:ハマナデシコ(花)・ハママツナ・ハマニンニク

集めたゴミ 8袋 (観察会前と、和白川河口から海の広場に戻る間に守る会のメンバーで拾いました)
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/336-d496e3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク