06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

香椎保育所さくら組の和白干潟自然観察会報告/家族揃って和白干潟を好きになってくれたらいいなと思いました 

香椎保育所さくら組の和白干潟自然観察会報告

日 時:2017年5月22日(月)10:00~11:35 中潮 満潮7:02 干潮13:03
参加者 40名と先生4名 保護者7名  天候:快晴
守る会自然観察ガイド:4名

海の広場に到着した子どもたちは、早速「和白干潟の冒険に行くぞ」と言って意欲満々の様子でした。
干潟の話の時に「〇番のカニがいい」とカニの絵の番号を言っていました。「どのカニのダンスが一番上手ですか?」と質問し、山本さんがカニの種類によるハサミの動かし方を実演してくれました。
1干潟のお話_R

望遠鏡ではサギやカワウを見ることができました。保護者の方にも見てもらうと、「わー、いたー、木(杭)にとまっている」と感激してありました。
2バードウオッチング_R

アシ原の方へ歩きながら、保護者の方が「子どものころから香椎に住んでいて、ここにも来たことがあります。以前はヘドロがあったが、最近はきれいになっていますね」と話してありました。アシ原でアシハラガニを見つける時は、お父さんが一番にカニを見つけたので、子どもたちは大きな声で「ワーッ」と歓声をあげていました。自分たちでもカニを見つけて、「おった、まてー」と言いながら逃げるカニの甲を指で押さえて上手に捕まえ、バケツに入れていました。何人かの子どもが自分でカニを捕まえました。
3アシハラガニ観察_R

砂洲でコメツキガニを探すと、なかなかカニが見つかりませんでしたが、子どもたちは一生懸命穴を掘っていました。
4コメツキガニ掘り_R

沖でアサリを掘ると今日も次々とアサリが見つかりました。中には大きいアサリもありました。子どもたちは保護者の方と一緒にアサリを見つけては、浄化実験のペットボトルに入れました。子どもも大人も干潟で楽しい時間を過ごすひとときでした。
5アサリ掘り_R

まとめの時、見つけた生き物の紹介をしました。砂洲でコメツキガニを見つけることが出来なかった子に「コメツキガニよ」と差し出して見せると、「おーっ」と言いながらカニをそっとなでて、満足した様子でした。また、他の子はコメツキガニを触るのが怖くて尻込みしていましたが、周りの友だちに「だいじょうぶよ」「カニは挟まないよ」と励まされ、勇気を出して、人差し指でそっと甲を触っていました。「カニのオスとメスとのハサミの違いはありますか?」「コメツキガニは大きくなったらどうなるのですか?」などの質問が出ました。「楽しかったですか?」と山本さんが尋ねると、「ハーイ」と全員から元気のいい声が帰って来ました。
6干潟の生き物確認_R

貝の浄化実験ではアサリとウミニナのペットボトルは見事に透明になりました。
7貝の浄化実験結果_R

海の広場に戻るまでの間ゴミを集めながら歩きましたが、昨日ラブアース・クリーンアップがあったので、落ちていたゴミは少しでした。山本さんのカモ笛が人気で、吹かせてもらって喜んでいました。帰りの挨拶をした後、子どもも大人も干潟の自然に触れて満足した様子で唐の原駅に向かいました。保護者も和白干潟のことに感心を持ってくれていることを嬉しく思い、家族揃って和白干潟を好きになってくれたらいいなと思いました。(K・A)

以上

野 鳥:カワウ・ダイサギ・コサギ・トビ・ウグイス(声)
生き物:コメツキガニ・アシハラガニ・クロベンケイガニ・マメコブシガニ・アカテガニ
アサリ・オキシジミ・ユウシオガイ・アラムシロガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ツボミガイ
ヤドカリ・シロスジツボ・ハマトビムシ・イトゴカイ
海そう:アオサ・オゴノリ・アサミドリシオグサ
植 物:ハママツナ・ハマニンニク
拾ったゴミ  小1袋
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/330-8cbaa522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク