11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

MS&ADグループの和白干潟観察会とクリーン作戦報告/自然界の生存競争を目前で体験することも出来ました。 

MS&ADグループ133人(子ども30人)の和白干潟観察会とクリーン作戦報告

日時:2012年10月13日(土)天候:薄曇り 中潮 満潮7:56 干潮14:01
場所:和白干潟・海の広場
時間:13:00~15:15
参加者:MS&ADグループ133人(子ども30人)
守る会ガイド:6名 + カメラ:1名

MS&ADグループは、損害保険関係のグループ会社で、全社的に環境保全活動に取り組まれている会社です。九州業務部、鍬塚さんの挨拶の後、観察会を開始。

山本代表が和白干潟や干潟の役割などを紙芝居で説明した後、望遠鏡6台でバードウオッチング、クロツラヘラサギやホウロクシギ、カモの群れなどが見られました。
①干潟のはなくIMGP0347a0
バードウオッチング
その後干潟に入り、干潟の生き物を観察しながら沖の方に行き、棒杭のあたりでアサリ探しを開始。アサリは小さいものが多かったけれどもたくさんいました。
生きもの観察
それから唐原川河口に向かい、干潟の生き物観察やバードウオッチングをしました。
アシ原前でまとめのはなし、干潟で採集したカニや貝や海藻などを紹介しました。参加者に感想を聞くと楽しかったとのこと。
帰りは全員で干潟のアオサを掃除しながら海の広場に戻りました。
干潟のお掃除
干潟の掃除の最中、子どもさんがカマキリがクモを捕まえて喰っているところを発見、自然界の生存競争を目前で体験することも出来ました。最後に海の広場で写真撮影して散会しました。
記念写真
MS&ADグループの方々は、観察会も熱心で干潟の掃除も丁寧でした。
回収したゴミ:燃えるゴミ48袋(ほとんどがアオサ)

観察された鳥
クロツラヘラサギ(5)、ミヤコドリ(2)、ホウロクシギ(2)、アオアシシギ、ダイサギ、アオサギ、コサギ、ミサゴ、オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ、オカヨシガモ、カルガモ
観察された生き物
モクズガニ、マメコブシガニ、オサガニ、ケフサイソガニ、アシハラガニ、クロベンケイガニ、コメツキガニ、クルマエビ、マゴチ、アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、アラムシロガイ、ウミニナ、ホソウミニナ、ヤドカリ、オオノガイの稚貝、ゴカイ
観察された海藻
アナアオサ、オゴノリ、ボウアオノリ
観察された植物
ウラギク、ハママツナ(紅葉)、ホソバハマアカザ

(Y・Y)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/33-23065e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク