08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ラブアース・クリーンアップ2017報告/お疲れ様でした 

ラブアース・クリーンアップ2017報告

日 時:2017年5月21日(日)9:00~11:00
場 所:和白干潟
参加者:10名 :一般4名 :和白干潟を守る会6名
 
回収したゴミ:56袋
赤(燃えるゴミ):14袋、黄(プラスチックゴミ):38袋、青(空き缶、空き瓶):4袋、)
粗大ゴミ:ベットマットと柵・回転式座椅子、大きい切り株、枝・切った竹

ラブアース・クリーンアップは今年で26年になるようです。
9:00より受付をはじめて、ゴミ袋の分別と回収場所、ゴミ置き場の説明をして始めました。
清掃のようす1
ゴミを運びます
回収したゴミ

海の広場前にはゴミは少なく、和白4区の町内会と子供会の皆さん約30名が同じ場所の清掃活動に参加して下さいましたので、皆様には海の広場から唐原川河口右岸までのゴミ拾いをして貰いました。守る会は定例のクリーン作戦で出来ていない市道のゴミ置き場から和白駅方面の和白3丁目海岸のアシ原や排水溝の先までを行いました。何時もしていない場所なので人工ゴミが多く、アシの上には、昨年のアサミドリシオグサに枯葉等がからまったのも出来るだけ取り除きました。
ゴミはリヤカー、一輪車、ソリ、手持ちとそれぞれが沢山載せて運びましたが、ゴミ置き場までは唐原川河口までの距離より、約半分位ですが約2時間頑張りました。最後の方では、早く終わられた町内の方もゴミ運搬を手伝って下さいました。最後にお茶でのどを潤し、記念撮影をして解散しました。お陰様でとても綺麗になりました。
ゴミは守る会の分と和白3~4区子供会・町内会の分と合わせたものです。

植物:海の広場付近には、ハマヒルガオ、キショウブ、薫り高いセンダン、珍しいサワグルミの花が満開でとても素敵で疲れも和らぎました。
ハマヒルガオ
キショウブの花
センダンの花

鳥:ミヤコドリ5羽、カワウ5羽、ダイサギ6羽、ミサゴ2羽、トビ、カワラヒワ

参加された皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/329-87035788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク