08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

玄海風の子保育園かぼちゃ組の和白干潟自然観察会報告/ゆっくりと充実した時間が流れた観察会でした 

玄海風の子保育園かぼちゃ組の和白干潟自然観察会報告

日 時:2017年5月19日(金) 10:00~12:00 小潮 満潮 15:24 干潮9:19
参加者 5歳児24名と先生4名 カメラ担当1名   天候:快晴
守る会自然観察ガイド:3名

5月晴れで日差しが強い中で観察会を行いました。木陰で干潟の話を聞き、子どもたちは話の中でカニが出てくると「このカニが好き」とカニの絵を指差しながら口々に言い、ハクセンシオマネキの写真を見ると「ダンスをする」と言ってハクセンシオマネキがハサミを振ることを事前学習のDVDで見ていてよく知っていました。
1和白干潟のお話_R

望遠鏡で鳥を見た後、「鳥がカイカイしよった」(翼で頭を搔いているしぐさ)と報告し、望遠鏡で鳥が大きく見えたことを、「この辺におった」と望遠鏡の手前1メートル位のところを指していました。
2バードウオッチング_R

山本さんを先頭に1列に並んでアシ原の探検に行き、アシハラガニを見つけると、「わーわーわー、おった」と大きな声で歓声を上げていました。捕まえたアシハラガニを裏返して、オスと卵をかかえているメスの違いを確認しました。
3アシ原探検_R

砂洲に行きコメツキガニを探しました。なかなかコメツキガニが見つからず、「おらん、おらん」とベソをかく子がいましたが、先生と一緒に見つけると、「おった」ととたんに笑顔になりました。
4コメツキガニさがし_R

沖まで持っていった望遠鏡をのぞくと、「二人おった」とチュウシャクシギが2羽いたことを言い、サギを見て「かわいい、白」と、子どもたちの会話が続きました。
5チュウシャクシギ_R

担任の先生も「エビがいたよ」と上手に小さいクルマエビを捕まえ、その後しばらくして魚も捕まえて楽しんでありました。アサリを掘ると今日は割合大きいアサリがとれ、次々と持ってきて浄化実験のペットボトルに入れていました。
6アサリ掘り_R

みんなで集まって干潟で見つけた生き物を確認しました。途中でミヤコドリが5羽飛んで来たので、見ていると「ピーピーピー」と鳴きながらすぐ近くを飛んで行きました。
7ミヤコドリ_R
8アシハラガニ_R

望遠鏡でミヤコドリを見た子は、また生き物の入ったバケツを熱心にのぞきこんでいました。貝の浄化実験では、ウミニナが一番きれいになり、アサリのペットボトルも次にきれいになっていました。子どもたちは観察会でたくさんのいろいろな生き物がいて嬉しそうでした。
ごみを集めながら海の広場に戻る途中、手に持っていた移植ごてで砂地に鳥の足跡を描いて楽しんでいました。子どもたちがゴミを集めると、たくさんあった小さいゴミがなくなり、干潟はきれいになりました。山本さんのカモ笛に興味を持っていた子どもたちは、カモ笛を吹かせてもらうと満足して、「また来ようね」と言っていました。思っていたよりも暑くなく、ゆっくりと充実した時間が流れた観察会でした。(K・A)

以上

野 鳥:ミヤコドリ(5)チュウシャクシギ(10)ソリハシシギ(1)オバシギ(1)マガモ(5)ダイサギ(3)アオサギ(1)カワウ(4)ミサゴ(1)ウグイス(声)
生き物:コメツガニ・アシハラガニ・クロベンケイガニ・マメコブシガニ・ケフサイソガニ・ウミニナ・ホソウミニナ・アラムシロガイ・アサリ(大きかった)・ユウシオガイ・オキシジミ・ヤドカリ・
    クルマエビ・ハゼの稚魚
海そう:アオサ(少し)・オゴノリ(少し)・タマハハキモク(少し)
植 物:ハママツナ・ハマニンニク・アシ
拾ったゴミ:5袋
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/328-21c20f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク