10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「干潟・湿地を守る日2017」参加「春のビーチクリーンアップ」参加/参加の皆様有難うございました 

「干潟・湿地を守る日2017」参加「春のビーチクリーンアップ」参加
和白干潟のクリーン作戦と自然観察 報告

●日時:4/22(土)15:00~17:00
●参加:148名、一般3名、城東高校108名、産業大学宗像ゼミ生3名、澤田ゼミ20名、守る会13名
●回収ゴミ合計298袋: 可燃ゴミ:(人工ゴミ46・自然ゴミ245) 不燃ゴミ:7袋
●粗大ゴミ:大缶1個、工事用コーン 2個、P浮き2個、竹類5本、(枝、板、木材30~)P籠
●見られた鳥:ミヤコドリ12羽、クロツラヘラサギ5羽、ダイサギ1羽、カワウ2羽 

 今和白干潟では、干潮時に沢山の人達が潮干狩りを楽しんでいます。アシ原中道や後背林では、新緑がとても賑やかです。赤や黄緑、濃い緑が有り、アカメガシワの赤い新芽も出ており変化を楽しむことが出来ます。
アカメガシワ

花ではハマエンドウが満開で、ハマニンニクが穂を出しています。
ハマエンドウ
ハマニンニクの穂

オオジシバリも黄色い可憐な花を咲かせています。ヤマフジも白や、薄紫の房を沢山付けていてとても綺麗です。
ヤマフジ

ハマダイコン、ノイバラ、アキグミの花は道行く人に良い香りを届けてくれます。
ハマダイコン
ノイバラの花
アキグミの花

本日のクリーン作戦は、薄日がさす位でしたが、風が強いので守る会のテントを張って準備をしました。初めに、参加者の前で干潟・湿地を守る日の宣言を読みあげて、皆さんの賛同を得てから清掃の範囲や、方法などの説明をしてから始めました。
干潟を守る日宣言

数日前に大雨と春の嵐で、空き缶が多く有り、自然ゴミも河口から海の広場前、和白方面も物凄いゴミが寄せておりました。今年も城東高校生と先生も団体会員として大勢で参加して下さいました。産大生も何時になく多く来てくれました。城東高校3年生美化クラブの生徒自ら、側溝付近に集まった大量のゴミを取り除いてくれました。
クリーン作戦のようす1
クリーン作戦のようす2
調査のようす3

最後の感想で「清掃後は、見違えるほど綺麗になったことを嬉しく思います」と言ってもらえました。本当に嬉しく思います。大勢ですると一時間余りで見違えるほどになりました。ガールスカウトの子も、綺麗になったことに皆の頑張りを感じて貰えたようです。

ミヤコドリやクロツラヘラサギやダイサギを見て貰いながら、お茶とお菓子でのどを潤してから記念写真を撮り散会しまた。
参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)
記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/323-62277ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク