06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ラムサール条約登録の早期実現を求める請願提出 報告/山本代表が署名請願を手渡し、趣旨を説明しました 

ラムサール条約登録の早期実現を求める請願提出 報告

日時:2017年3月21日(火)10:50~14:20
場所:福岡市議会、各会派及び議会事務局
参加:9名

 3月21日午前11時から、山本代表、山之内、田辺、今村の4名で福岡市議会の全会派と無所属議員を回り、8日にあらかじめ資料を添付してお願いしていたラムサール請願の紹介議員となることを承諾する署名の結果を聞きに行きました。その結果、11名の議員が紹介議員になってくださいました。紹介議員を受けることに会派全体として反対する会派もありましたが、中には一部のみ署名してくださったところもありました。ラムサール条約に登録することは、本来、市長の決断次第で可能なことなのですが、議会の中ではその意義を理解されていない議員がまだまだ多いのではないかと思いました。
 午後2時から9名のメンバーは議会事務局に5,134名分の署名簿を添えて請願書を提出しました。山本代表が署名請願を手渡し、趣旨を説明しました。議会事務局からは、3月議会では請願が出されたことが報告され、どの委員会に付託(請願審査がされる委員会がどこの委員会になるか決める)するかはその後となり、審査日程が決まれば連絡すると説明がありました。提出の様子は高田さんが写真撮影、その後、議会事務局前で全員の記念写真を撮りました。

IMG_3223.jpg

 当初、市政記者クラブに記者会見や取材を申し込んでいたのですが、取材も記者会見もありませんでした。現在、議会は市長の出した空港民営化への出資を行わないという提案に対し最大与党自民党が反対し、与党野党入り乱れて対立していることからマスコミの関心はもっぱらその問題に集中し、ラムサール登録と言う私たちの請願には関心が向けられず、非常に残念な思いをしました。
 2015年秋から2016年12月まで取り組んだ署名請願ですが、提出から審査を経て、採択までの道のりはなかなか険しいものがあります。(E・I)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/319-9f902fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク