06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2017年2月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様、有難うございました 

2017年2月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:2/25(土)15:00~17:00
●参加:29名、一般参加:13名(九産大宗像先生と他1名、ガールスカウト親子2名)、守る会:16名
●回収ゴミ袋:143袋、可燃ゴミ:140袋(人工ゴミ20袋、自燃ゴミ:120袋 )
●不燃ゴミ:3袋、  粗大ゴミ:プラスチック容器1個
●野鳥:ミヤコドリ:8羽、ダイゼン6羽、ダイシャクシギ1羽、シロチドリ2羽、ツクシガモ2羽、オナガガモ、マガモで約300羽、スズガモ約300羽、

 和白干潟では、アオサが無くなり、カモ達が本当に少なく成ってきましたが、まだ、マガモやオナガガモは観ることが出来ます。唐原川河口付近では、コガモ10数羽がしきりに餌を啄んでいました。

アシ原では、植物の殆どが枯れたままですが、アシの根元には小さい新しい芽が顔を出しています。中道にはオオジシバリやハマナデシコ、ハマエンドウの新芽も育っていて、広場前には、小さなハママツナの新芽がびっしりと隙間なく塊って、顔を出していました。
1ハマツナ新芽

このまま大きく育ってくれることを願っています。アシ原入り口では、ハマニンニクやハマサジも大分大きくなりました。これから暖かくなるとともに大きく育っていきます。
2ハマニンニク
3ハマサジ

クリーン作戦では、新しい一般の方の参加が多く成りました。本当に嬉しくなります。粕屋町や筑紫野市、早良区、中央区、東区からも来て下さっています。一般の方の個人参加は特に嬉しく思います。何方も若い方で元気を貰っています。ゴミ袋や一輪車、リヤカー、ソリと用度に合わせて持ち、軽いので風に飛ばされない様に運びます。
清掃範囲は、広場前から始め段々奥に進みました。人工ゴミは、ビニール類、ペットボトル、空き缶などが多く、自然ゴミはアシなどの枯れたのが多く、横になって堆積されていますが、根気よく取り除き、まだまだ残ってはいますが、清掃前と比べると見違えるように綺麗になりました。
5.jpg
4.jpg

最後にお茶とお菓子で一息入れて頂きながら、野鳥を見て貰いました。まとめと交流会でその日の成果をお知らせした後で、感想を聞きました。山本さんより「これからも参加して下さいね。」と感謝の言葉がありました。最後に記念写真を撮って散会しました。参加された皆様、有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)
6.jpg

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/317-c89615fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク