10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「和白小学校観察会まとめの発表会と授業」報告/温かい日差しの中、楽しい時間を過ごせたと振り返りながら、学校を後にしました 

「和白小学校観察会まとめの発表会と授業」報告

日 時:2017年2月21日(火) 10:45~12:20  
参加者:8名

 「和白小学校自然観察会年間計画」に基づき、7月と1月の観察会を踏まえてのまとめの発表会と授業のため、和白小学校に行きました。玄関で子どもたちが「こんにちは」と元気な声で挨拶して出迎えてくれました。
 6人ずつのグループで①和白干潟のこと、②和白干潟のすばらしさ(夏)、③和白干潟のすばらしさ(冬)、④和白干潟の問題、⑤私たちにできること、⑥私たちの願い という6つのテーマに分かれて発表しました。発表するクラスと発表を聞くクラスに分かれていて、発表を聞く子どもたちはグループごとに発表の場所に移動して発表を聞いていました。
1発表のようす
2発表のようす
7発表のようす
     
 発表が2階の教室と3階の教室になっていたので、守る会のメンバーは2階の教室と3階の教室の二手に分かれました。私が参加した3階の教室の①「和白干潟のこと」のグループはどのように発表するかを事前に十分準備し、話す内容もしっかり覚えて大きな声で話していました。ポスターもわかりやすく箇条書きにしていました。②「和白干潟のすばらしさ(夏)」のグループでは、鳥や植物のペープサートを作って、「これは何でしょう?」というクイズ形式で「シロチドリ」、「コサギ」、「ハクセンシオマネキ」、「ダイサギ」、「ハマゴウ」が登場しました。それぞれ上手に特徴を捉えている絵でした。③「和白干潟のすばらしさ(冬)」のグループはペープサートの鳥たちが「どうしてゴミを捨てたらいけないの」という話題で会話していました。④「和白干潟の問題」のグループは「絶滅危惧種の鳥」「鳥獣保護区に指定される」「アオサが大量発生するので、アオサの掃除をしている」「ゴミを拾い、干潟の美化に心がける」と問題点のポイントをしっかり押さえた紙芝居を作っていました。⑤「私たちにできること」のグループは劇で、リュックを背負い、双眼鏡を持った子が干潟でゴミを捨てたことを反省し、後でゴミを拾うというストーリーでした。⑥「私たちのねがい」のグループは授業で練習している合奏曲の「茶色の小瓶」で和白干潟の替え歌を作っていて、発表を聞いた子も一緒に歌いました。「しっかりと干潟のいいところを歌にしたところがいい」と発表を聞いた子が感想を述べていました。2階のグループでも「ビリーブ」の替え歌があったそうです。
保護者にも参観日にこのまとめの発表を見てもらったということで、子どもたちは一人ひとり自信を持っている様子が伺えました。観察会のあと、まとめの発表をすることで、干潟のことをよりしっかりととらえることができているのがわかりました。
 約1時間の発表の時間もあっという間に過ぎました。その後、みんなで音楽室に移動して、山本代表のまとめの授業を聞きました。
10守る会のまとめの授業

パワーポイントで和白干潟の四季の自然を振り返り、守る会の活動について、観察会・クリーン作戦・調査・通信の発行・ラムサール条約の請願署名の話がありました。海底湧水、「山川海の流域会議」のことにも触れました。子どもたちが参加した観察会の写真も見ました。子どもたちは熱心に山本代表の話を聞いていました。最後は守る会の「ミヤコドリ」の歌で授業を締めくくりました。
 私は初めて和白小学校に行きましたが、1年間を通して観察会を行い、まとめの発表と授業を行うことのすばらしさを実感しました。子どもたちの心の中に和白干潟がしっかり根付いていると思います。クリーン作戦のことも紹介し、参加を呼びかけました。大人になっても干潟を守っていく人になってほしいと思いました。
 子どもたちの代表が玄関まで見送りに来てくれました。車に分乗して校門を出る時にはわざわざ校門のところまで出て来てくれたのには感心しました。温かい日差しの中、楽しい時間を過ごせたと振り返りながら、学校を後にしました。発表会の様子を西日本新聞東支局の記者が取材してあり、翌日の朝刊に記事が掲載されました。(K・A)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/316-577a7680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク