10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2017年1月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/お天気が良くて暖かく、思っていたより多くの方に来ていただきました 

2017年1月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:1/28(土)15:00~17:00
●参加:23名、一般参加:7名、守る会:16名
●回収ゴミ:133袋:可燃ゴミ:130袋 不燃ゴミ:3袋 (人工ゴミ30袋・自然ゴミ100袋)
●粗大ゴミ:切り株4個、小枝など流木20本、プラスチックケース1個、
●鳥:ミヤコドリ:10羽、ダイゼン4羽、ハマシギ・ミユビシギ・シロチドリ等で約450羽、朝にはツクシガモ10羽、陸ガモ、海ガモ共に少なくなってはいますが、まだ見ることが出来ます。

 和白干潟のアシ原では、真冬の為に殆どの草花が、枯葉色に染まって中々味が有ります。その中にも新しく芽を出し春に備えています。中でも一番目立つのはハマウドです。あちこちで艶やかな濃い緑の葉を広げています。
1ハマウド

アシも負けずに、覆いかぶさった草木の下から、角みたいに尖った新芽を出していました。
2アシの新芽
3植物の新芽

オオジシバリ等小さな芽を沢山出していました。中道の側には、早咲きのハマダイコンの花も咲いていました。
4ハマダイコンの花

ナワシログミが小さい実をたくさん付けており、春の訪れを待っています。沢山実を付けていたシャリンバイも、実はすっかり落ちてしまっていました。
5ナワシログミの実

 クリーン作戦では、お天気が良くて暖かく、思っていたより多くの方に来ていただきました。お陰様で普段できない、最も人工ゴミの多い唐原川河口右岸より始める事が出来ました。アシの上には沢山の草木や小枝が被さっていましたが、乾いていた為にとても軽くなっていました。両手いっぱいに持ち上げそのまま一輪車、リヤカー、ソリ等に乗せて運びました。草木などはまだまだ量が多くて取り残しておりますが、海の広場前はすっきり綺麗になりました。
クリーン作戦のようす1
P1010013_R.jpg

毎回参加して下さる椋木さん、奈多小6年女子2名も頑張っていました。ガールスカウトより2名の方が初めて参加して下さり、ゴミの多さに驚いてクリーン作戦の必要性を実感できたようでした。尚、アオサは昨年発生が少なかった為、殆ど姿を消していました。守る会からも多数参加が有りました。最後に野鳥観察や、お茶とお菓子で喉を潤しながら、感想など聞き集合写真を撮って散会しました。参加された皆様有難うございました。お疲れ様でした。 (T・S)

記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/313-0e25667a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク