08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2016年度 望年会 報告/1年の終わりに皆で楽しく過ごせて、良かったです 

2016年度 望年会 報告

日時:12月26日(月)18:00~20:30
場所:きりえ会館 1階
会費:1000円
参加者:16名

 あいにく小雨のお天気でしたが沢山の美味しいご馳走とみなさんの笑顔で、望年会ははじまりました。山本さんはこの1年間の活動を省みて、みんなの協力に感謝の言葉を述べられました。米寿の山下さんの乾杯でお酒も楽しく戴きました。みなさんの自己紹介があり、今年の和白干潟の5大ニュースを皆で話し合いました。
自己紹介1_R
自己紹介2_R
自己紹介3_R

「ミヤコドリ」の歌、「もみのき」の歌、山本さんのマジック、初参加の村上さんは、おしぼりと割りばしで作った人形を使って田川が発祥地の炭坑節を踊りました。
皆で歌おう_R
マジック_R
おしぼり人形の炭坑節_R

オークションをして、ハンドベルを皆で合奏しました。閉会の挨拶は今村さんでした。1年の終わりに皆で楽しく過ごせて、良かったです。風邪で参加されなかった惣田さんは前日、田辺さん宅でおでん作りを手伝ってくれました。

和白干潟の2016年5大ニュース
1.第28回和白干潟まつりが雨でも開催できた!
2.「四季の和白干潟の自然Ⅰ」リーフレットが完成した。
3.ラムサール条約登録のために環境省へ要望書を出して交渉活動をした。
4.和白干潟にミヤコドリが過去最高の19羽飛来した。
5.夏が高温だったため、アオサの発生が少なかった。

□会計報告
○収入
 会費1000円×16=16,000円
 カンパ          10,000円
 オークション       7,052円
    計          33,052円

○支出
 材料費           7,000円
 
   33,052-7,000=26,052円

26,052円は和白干潟を守る会に寄付しますので、よろしくお願いします。 (T・K)

記念写真_R

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/309-caf9085d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク