11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2016年9月秋のビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆さま・有難うございました 

2016年9月秋のビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告
    
●日時:9/24 (土)15:00~17:00
●参加:28名:一般14名内(九産大5名、福岡女子大2名、筑紫女学院高校2名) 守る会14名
●回収ゴミ:82袋 可燃ゴミ:80袋(自然ゴミ:40袋、人工ゴミ:40袋)不燃ゴミ:2袋
●鳥:ミサゴ1、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オナガガモ1、ヒドリガモ2
●植物:穂:アシ、ダンチク、ヒトモトススキ、ヤマアワ、キンエノコロ 
実:ナンキンハゼ、シャリンバイ、ネム、ハマゴウ、ネズミモチ、ハマボウ 
花:ハマサジ、シロバナサクラタデ、アキノミチヤナギ、ハマゴウ

 今和白干潟では、コメツキガニも活発で干潟一面砂団子が有ります。アシ原では、アシが穂を出し始め、越冬の為のカモ達が渡ってき始めました。朝・夕は100羽を超える数になっています。今年の渡りは少し早い様にも思います。
出だしたアシの穂
シロバナサクラタデ
シャリンバイの紅葉と実

クロツラヘラサギも5羽を確認しました。ミヤコドリも10月には来てくれることを願っています。これからは毎日、干潟を見るのが楽しみになってきます。サギ類も多くいますが、今のところアオサが少ないので、カモ達の餌が少ないのではと心配しています。また後背林の木々達も、少しずつ秋色になって来ています。海の広場には、台風16号で折れた大きなハリエンジュの枝が横たわっていました。
クリーン作戦では、国際ビーチクリーンアップ参加で、ゴミの調査が有りました。
ゴミの分別のようす

まず人工ゴミを1時間程集めました。主に学生さんに3名ずつのグループに分かれて、ゴミの仕分けをして貰いました。分別作業は大変だったと思います。残った人は人工ゴミの他にも、アシの上に漂着している草木類を取り除く作業をしました。唐原川河口右岸には、ペットボトルや空き缶、ビニール類が多量にアシの中に入り込んでいました。
クリーンの様子

何でこんなものが大量に有るのかと思います。一人一人がゴミを捨てなければ流れ着く事も無いのにと思います。毎回参加の椋木さんや、今回初めてや2回目の学生さんも多く、「余りのゴミの多さに驚いた。生きものやコメツキガニを観られて良かった」「また次回も参加したい」などの感想を頂きました。参加の皆さま・有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/290-d622faa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク