11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/これからはカモも少しずつ観られるようになります。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:9/22(土)15:00~17:00                       
●参加者:102名 
 カルビー(株)2名、一般:87名、守る会:13名、
●回収ゴミ:合計288袋(アオサを210袋)
 可燃ゴミ:76袋、(人工ゴミと自然ゴミ草木)、不燃ゴミ2袋、(ビン・缶)等
 アオサ:210袋、粗大ゴミ:ポリバケツ 1個、鉄缶破1個、流木(板、枝、角材、竹、)約10本

観られた鳥:ホウロクシギ 1羽、ヒドリガモ2羽、オカヨシガモ6羽(カモ類は初認です)
ミサゴ1羽、ダイサギ、アオサギ、カラス、他 

朝はアオアシシギ6羽も観ることが出来ましたよ。
                       
今和白干潟のアシ原では、アシの穂が出揃いヤマアワ穂も枯れてはいますがまだ沢山出ています。
シロバナサクラタデも咲いてはいますが、台風16号により全体的にアシ原の植物は倒れてしまいました。アシ原の小道も分からない程に覆い被さっています。
干潟では、秋の渡りのシギ達が観られ、これからはカモも少しずつ観られるようになります。

クリーン作戦では、国際ビーチクリーンアップのゴミデータ調査参加と、「AQUA SOCIAL FES!!2012 第2回」の参加で行われました。

初めに主催者と山本代表の挨拶があり、約1時間一斉にアオサ回収と人工ゴミ回収に分かれて清掃し、ゴミの分別には九産大生の若い力を借り時間内に終わりました。
2012_0924JT 画像0019

台風16号と大潮が重なり凄いゴミの量でしたが、参加者が多く見える所はきれいに成りました。
これからはカモも少しずつ観られるようになります。
2012_0924JT 画像0027
2012_0924JT 画像0047

ゴミ分別以外の参加者は3グループに分かれて観察会をしました。
2012_0924JT 画像0041
2012_0924JT 画像0036
2012_0924JT 画像0037

雨も降り始め、最後に皆で記念撮影をして、短めにお茶とお菓子で歓談をしました。
2012_0924JT 画像0032

参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/29-5788193c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク