11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

筑陽学園中学校3年生の校外理科学習報告/荒牧さんがデビュー 

筑陽学園中学校3年生の校外理科学習報告

日時:2016年9月15日(木)10時~14時30分 満潮:8:22、干潮14:46
場所:和白干潟海の広場、アシ原、沖合い、岩場
参加者:筑陽学園中学校3年生2クラス75名、先生4名、カメラマン1名。守る会6名

曇り時々雨、一時強い雨という天気予報に心配しながらの観察会でしたが、予報は完全に外れ、晴れて陽射しの強い一日でした。生徒たちが予定より10分早く着いたので早く始めました。山本代表の挨拶、守る会メンバーの紹介、干潟の説明をしましたが、蚊がたくさんいるので落ち着かず、守る会で用意していた虫除けスプレーをみんなにまわしながら話を聞いてもらいました。
和白干潟の説明
 
バードウォッチングと記念写真撮影の2班に分かれ、望遠鏡でオナガガモ、カワウ、サギ類を観察しました。未だ秋の渡り鳥が少なく、種類が限られていて残念でした。
バードウオッチング

次にアシ原入口付近で干潟の生物観察。アシハラガニを夢中で追いかけて捕まえる姿は小学生と変わりありません。コメツキガニの巣穴を見つけて掘り、アサリ掘りの時間が少なくなりました。午前中は海水がなかなか引かず観察会でのアサリ掘りは難しく、少ししか掘れませんでした。
干潟の生きもの観察

一旦午前中の観察は終わり、昼食。草むらは虫がイヤというので、生徒は太陽の照りつける砂浜でお弁当を広げていました。沢山の生徒が昼食もそこそこに海の中に入って遊んでいました。後で聞くと「エイ」がいたので、珍しくて興奮したようでした。
午後からは9つの班に分かれて、テーマごとに調査しました。砂地、砂泥地、泥地・岩場のいきもの、植物、アオサ調査の班を守る会が指導しました。
砂泥地の生きもの調査
岩場の生きもの調査

砂地では澪筋近くに貝類、コメツキガニ、ゴカイなどを観察。砂泥地ではアサリが多く、泥地・岩礁ではヤマトオサガ二、ケフサイソガニが多く、ハクセンシオマネキも捕まえましたが、泥の川に2人の生徒がはまって苦労したそうです。アオサは毎年堆積して腐り、下になった生物を圧迫し、干潟を汚染しているところを調査しますが、アオサは今年は高温が続いたためか発生が少なく、その代わりアサミドリシオグサの大量発生を観察しました。

アオサ堆積調査

ふわふわの厚い藻の下で、大きなモクズガニのメスを見つけ、大騒ぎ。今日は大潮で産卵に来たモクズガニがほかでも何匹か目撃されていました。自然のサイクルの不思議がわかるといいのですが・・。
植物観察はベテラン田中さんに代わって荒牧さんがデビュー。ヒトモトススキの葉のがさがさ感を触ったり、ツルナを試食、ハマニンニクがニンニクの仲間ではない証拠に根を抜いて見せたりと色々工夫されていました。
植物調査
まとめで生きものを見せる

最後に、アサリとウミ二ナの浄化実験を見せ、山本さんが生き物の環境を壊さないよう語りました。(E・I)
水質浄化結果の報告

以上

<観察された鳥・生物・植物など>
野鳥:ダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ、オナガガモ
生き物:貝類―アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、ホトトギスガイ、ツボミガイ、マガキ,ユウシオガイ、ウミ二ナ、ホソウミ二ナ、アラムシロガイ、シロスジフジツボ、タテジマフジツボ、アマガイ、タマキビガイ、ヤドカリ
    カニ類―コメツキガニ、ケフサイソガニ、モクズガニ、クロベンケイガニ、アカテガニ、アシハラガ
ニ、マメコブシガニ、ハクセンシオマネキ
    その他―ミズクラゲ、ゴカイ、フナムシ
植物:海藻―オゴノリ、ボウアオノリ、アオサ、アサミドリシオグサ
   草花―ダンチク、ハマナデシコ、ホソバノハマアカザ、アキノミチヤナギ、メマツヨイグサ、アシ、ホコガタアカザ、センダングサ、ハマゴウ、センニンソウ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/288-ee412867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク