11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/秋の実りを感じさせる探鳥会でした 

定例探鳥会報告 和白海岸

-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防-
2016年9月11日(日) -晴れ - 若潮(干潮 11:38 満潮 4:05)
[観察鳥種] 24種 [参加者数] 14人  [担当者] 山本 廣子、田辺スミ子

9月に入り少し涼しくなりました。しかしまだ30度もありますので、熱中症への注意を話してから出かけました。和白川河口の道端ではコマツナギの花が満開できれいでした。
コマツナギ_R

河口からは海の広場方面にサギたちといっしょにヘラサギが1羽います。朝の下見の時には元気に食事をしていましたが、今回見た時には眠っていました。くちばしはこちら側に置いていますので、見えました。またカワウが軍団になって泳いでいました。
探鳥会のようす_R
カワウ_R

鉄塔上にハヤブサが鳥を捕獲して食事をし出しました。ハトくらいの大きさの鳥で足が見えました。干潟で捕獲するところを見た人もあり、皆釘づけでした。
ハヤブサ_R

塩浜堤防の生垣にはクズがはびこっており、紫色の花を咲かせていました。メドハギも咲いていました。
クズの花_R
メドハギ_R

五丁川河口ではカワセミが飛ぶのを見た人もありました。五丁川河口先の見晴らし台からは、沿岸の廃船に休む22羽のカワウが見られました。沖合の浮きの上にはウミネコが止まっていました。トビがめずらしく護岸上に止まりました。
トビ_R

奈多のクリークにはキアシシギとイソシギがいました。ク
キアシシギ_R
イソシギ_R

リークの中をダイサギがゆうゆうと歩いていました。
ダイサギ_R

アオサギは小魚を捕りました。
アオサギ_R

クリーク内の干潟では、ハクセンシオマネキがつめを振ったり食事をしたりしていました。
ハクセンシオマネキ_R

堤防の道端にはツルボが薄紫色の可憐な花を伸ばしていました。
ツルボ_R

ナガサキアゲハやウスバキトンボが飛んでおり、ツバメもたくさん飛んでいました。
ナガサキアゲハ♀_R

ヘビの脱皮あとも見つかりました。
ヘビの脱皮あと_R

バッタが跳んでいたりして、参加してくれた子どもさんも楽しそうでした。スダジイ、トベラ、エノキ、ネムノキなどの木の実が生って、秋の実りを感じさせる探鳥会でした。(山本 廣子)

【参加者の感想】 
・カワセミが見られて良かった。 ・ハヤブサの狩りを見た。近くで餌を食べる姿が見られた。
・カワウが並んで滑るように海を進む姿がいいと思った。 ・ヘラサギを見られて良かった。
・久しぶりにツバメを見られて良かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/285-3a6ba8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク