11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

第28回和白干潟まつりの準備スタート カンパとボランティア大募集 

第28回和白干潟まつりの準備スタート カンパとボランティア大募集
 
 第28回和白干潟まつりは11月27日(日)にあります。渡り鳥のたくさんやってくる季節に、ぜひ和白干潟の自然に親しんでいただきたいと思っています。

第1回実行委員会を8月23日に開き、準備がスタートしました。第1回から「食の安全を守るには環境を守ろう」と取り組んできたグリーンコープ生協東支部と和白干潟を守る会の共催です。干潟まつりは協賛団体からの協賛金とカンパで運営しています。入場者は変動がありますが、昨年は450人でにぎわいました。
 バードウォッチング、干潟のいきもの観察、植物観察、自然遊び、手作りの食べ物や野菜、リサイクルバザー、写真展やパネル展、マジックショーやコーラス、楽器演奏、紙芝居、ミニシアターなどのステージイベントも盛りだくさん。福祉施設などの出店中心で、営利目的の出店はお断りしています。市民運動の展示コーナーもあります。和白干潟を守ろうと集まった出店者の方たちの思いで28年間続いてきました。
2016和白干潟まつりポスター

 まつりは、和白干潟を守る会の事務局約20人が役割分担して掛け持ちでやっていますが、年々高齢化が進み、家族の介護などで人手が不足して運営が厳しくなっています。
 そこで、まつり前日の準備や当日の設営、運営などのボランティアの方を大募集しています! 前日11月26日午後には、定例のクリーン作戦(清掃)のほか、会場の整地、草刈、テント立て、展示用パイプ組み立てなどの作業があり、当日朝は、機材の搬入やテント内の設営、また関係者駐車場整備などもあります。

定例のクリーン作戦だけでなく、干潟まつりを楽しみながらのボランティアにぜひ参加してください! 参加をお待ちしています。

★干潟まつり事務局責任者 今村恵美子 (問い合わせ:090-3413-6443)


スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/284-738b4bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク