11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

7月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/署名活動に参加された皆さん、お疲れ様でした 

7月ラムサール条約登録街頭署名活動報告

日時:2016年7月26日(火)16:00~17:00
場所:西鉄./JR千早駅前周辺
参加者:5名
署名数:96名分

 本日の、千早駅前での署名活動は曇っていて風も有り、あまり暑さを感じませんでした。声をかけた方の内6~7割の方が快く署名をして下さいました。中には、群馬県から旅行中の方や、熊本県の方も有りました。山本さんは、以前きり絵を教えていた時の生徒さんのお母さんと偶然出会い、自ら署名用紙も何枚か預かって帰られたそうです。「ご苦労様です、頑張ってください」等と、声をかけて下さる時には心が和みますね、また頑張ろうと言う気になります。乗り換えで急いでいる方はどうしても無理なようで、「またお願いいたします」と一言かけたりしています。
P1020643.jpg
P1020638.jpg

駅前にはバス停も有りますのでバスを待つ間に、書いて下さる方も有ります。偶然にも女子で、香住ケ丘高校生がいて、直ぐに趣旨を理解してくれて2名の方から快く署名を貰いました。子どもずれのお母さんは子供さんの名前も書いて下さいました。
署名活動に参加された皆さん、お疲れ様でした。 (S・T)

P1020632.jpg

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/278-ad3d3ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク