11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告/ 

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告

日 時:2016年7月4日(月) 13:55~16:00 第潮 満潮9:19 干潮15:50
参加者:4年生111名と先生4名     天候:曇り、時々雨、晴れ
守る会自然観察ガイド:8名

 和白小学校では、干潟自然観察会年間計画で「季節にあわせて、和白干潟の自然の生きものやいとなみを知ろう!」「自分たちの身近にある貴重な自然を知って、守る心を育てよう!」というめあてのもとに、年2回の観察会とまとめの発表と授業が行われます。今日は雨天の為2回延期になっていた第1回目の観察会をやっと行うことができました。
 小学校から歩いてきた子どもたちは暑さの為、顔をほてらせていました。子どもたちは一人ひとり自分の課題を持っていて、やはり地元の小学校だけあって詳しい地名などもよくわかり、昔の和白干潟の話に熱心に聞き入っていました。
20160704挨拶

バードウォッチングでは、クロツラヘラサギ、コサギ、アオサギ、カワウなどを見てもらいました。牧の鼻のハマボウも望遠鏡で見えました。
20160704バードウォッチング
 
干潟に行くとアシ原の手前の方にアシハラガニがたくさん出てきていました。
IMG_8093アシハラガニ探索

子どもたちは友だちと一緒にカニを捕まえはじめました。「捕まえられない」としり込みする子もいれば、持ってきたゴム手袋をしてカニを捕まえる子もいました。そのうち慣れてきてコメツキガニの巣穴のところでも思い思いにカニを見つけて捕まえて、バケツの中に入れていました。
IMG_8071コメツキガニとウミニナ

沖の方ではアサリを見つけては浄化実験用のペットボトルにいれていました。
IMG_8100アサリ掘り

見つけたものをよく観察して「これは何ですか」とオキシジミやアラムシロガイを持ってくる子もいました。途中で雨が降ってきましたが、子どもたちは全く気にせず観察を続けていました。和白川の方へ歩いて行きましたが、途中で色々な物を発見するたびに友だちと見せ合ったりして、ハクセンシオマネキのところにたどりつくまでには随分時間がかかりました。歩きながら「楽しい・・・」とつぶやいている子がいました。初めて和白干潟に来られた先生も子どもたちと一緒に干潟の観察を楽しんでありました。
ハクセンシオマネキを望遠鏡で見た後、みんなで集まって見つけた物を確認しました。「なぜカニは縦に動くのと横に動くのがいるのですか?」「カニの左右のハサミの長さや大きさが違うのはなぜですか?」「海の水が湧き出ているところ(湧水)は何か所ぐらいあるのですか?」「和白干潟の水をもっときれいにすることはできるのですか?」などの質問が出ました。事前学習をしっかりしていることがわかる質問内容でした。
IMG_8125ハクセンシオマネキ観察
IMG_8122ハクセンシオマネキ群

1年間を通して和白干潟のことを学び、自然を守り大切にする人に育っていってほしいと思いました。「ここに住みたい」と言いながら、名残惜しそうに干潟を後にしていった子もいました。雨がひどくならず、無事に観察会が終わって担当者一同ほっとしました。
(K・A)
IMG_8132まとめ

以上

野 鳥:クロツラヘラサギ(1)コサギ(2)アオサギ(1)ダイサギ(2)カワウ(20)ミサゴ(1)
トビ(1)ウグイス(声)
生き物:アシハラガニ・コメツガニ・オサガニ・マメコブシガニ・ケフシソガニ
     クロベンケイガニ・ガザミアサリ・オキシジミ・ユウシオガイ
     アラムシロガイ・ソトオリガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ヤドカリ
     マガキ・タマシキゴカイ(巣)(卵塊)(糞塊―多い)・マハゼ・ボラ
     ミズクラゲ
     ウスバキトンボ・ニイニイゼミ(鳴いていた)
花:ハマナデシコ・ヒルガオ・ヒメジョオン・マサキ・ハマボウ
植物:ハママツナ(大きくなった)
海そう:オゴノリ・アオサ・ボウアオノリ・アサミドリシオグサ
拾ったゴミ:2袋
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/275-9b844a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク