11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸/帰り道の和白川河口ではトキワススキの穂がきれいに出そろっていました 

定例探鳥会報告 和白海岸

-奈多堤防→五丁川河口→塩浜堤防-
2016年7月10日(日) -曇り時々晴れ - 小潮(干潮 6:53 満潮 13:21)
[観察鳥種] 25種 [参加者数] 12人  [担当者] 山本 廣子

暑い日が続いており少しでも涼しいコースをと、JRで奈多駅まで行って、奈多堤防の松林の道をクリークや海を見ながら和白方向へ歩きました。いつもとは反対のコースなので、新鮮でした。大きな松の木にはクマゼミが止まっています。抜け殻もありました。
クマゼミ
クマゼミ抜け殻

松の根元にはヒナギキョウやヒメヤブラン、カワラマツバなどが小さな可愛い花をつけています。
ヒメヤブラン
カワラマツバ

海の沖合の人工島護岸にはウミネコやダイサギなどが止まっていました。廃船上にはカワウやコサギが休んでいます。上空をミサゴやトビが飛んで行きます。護岸の植え込みにキジバトが休んでいて、近くでゆっくり見ました。
探鳥会のようす1
キジバト

子ガニがたくさん這っています。ウスバキトンボやコシアキトンボ、アゲハチョウなども飛んでいました。
コシアキトンボ

子どもたちはバッタやコオロギを捕まえていました。ツバメは元気に飛び回っています。対岸の牧の鼻の海辺のハマボウの木々に黄色い花がたくさん咲いていて、望遠鏡で皆さんに見てもらいました。五丁川を回って塩浜堤防のところで鳥合わせをして、早めに解散しました。帰り道の和白川河口ではトキワススキの穂がきれいに出そろっていました。(山本 廣子)

トキワススキ

以上

【参加者の感想】 
・ウグイスの声がきれいだった。   ・コアジサシを見たかった。  
・ハマナデシコやヒメヤブランの花がきれいだった。    
・カニやトンボ、ルリタテハやツマグロヒョウモンチョウを見た。キリギリスの声を聞いた。。  
・セミやぬけがらもたくさん見られた。 ・ハマボウの花がきれいだった。
・キジバトが可愛かった。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/274-a27d0dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク