11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

日本自然保護協会の自然しらべ2016〔海辺で花しらべ〕報告/ハマボウが一輪花を付けていました 

日本自然保護協会の自然しらべ2016〔海辺で花しらべ〕報告

日時:2016年7月5日(火)10:00~14:00              
場所:和白干潟沿岸 と 雁ノ巣外海
集合:10:00 に和白干潟の海の広場
参加者:6名

10:00に和白干潟海の広場に集合時には、大潮の満潮時で広場付け根まで潮が来ていましたが、足元を確かめながらアシ原に入りました。
和白干潟観察1_R
和白干潟観察2_R

アシ原では、いつも見ているハマナデシコが濃いいピンクの花と、白いテリハノイバラ、クサヨシ(ヤマアワ?)の開き始めた穂、アキノミチヤナギ、ホコガタアカザ等を見ながら進み、ハマゴウの花と、今まさに大きな穂をつけたヒトモトススキを見てから、広場に引き返しました。
ハマナデシコ_R
テリハノイバラ_R
ハマゴウ_R

その途中の浜辺でハマボウが一輪花を付けていました。
ハマボウ_R

アシ原入り口には穂が終わったハマニンニクや、シオクグ、ハマサジ、ハママツナも大分大きくなっていました。広場奥より再びヒトモトススキを見た後にツルナの花を確認しました。約一時間半の観察でした。
ツルナ_R

ウスバキトンボが群舞していました。
ウスバキトンボ_R

次は荒牧さんの車で雁ノ巣の外海に向かいました。海岸に続く松林に入る途中では、松林保全工事が行われており通行禁止になっていましたが、自然しらべのリーフレットを見て貰い通行の許可を頂きました。外海に着くと青く澄んで穏やかな海を見ながら、昨年と同じ松の木陰でお弁当を頂きながら、田中さん持参の冷たいシソジュースで皆で喉を潤して一息つくことが出来ました。
雁ノ巣外海観察_R

山本さんは少し気分が悪いとのことでそのまま休んでもらって、5名で探索しました。外海では内海ではあまり見かけないハマボウフウ、ハマニガナ、コウボウムギ、コウボウシバ、ネコノシタ(内海の雁ノ巣鼻には少しありますが、外海ではあちこちで大きな群落になっていました)などがありました。
ハマニガナ_R
コウボウムギ_R
ネコノシタ_R

ハマボウフウは見事に大きな種を付けて次の世代の準備をしていました。
ハマボウフウ_R

砂の上には幾つものカニ?の巣穴があり、ウサギぐらいの大きな糞の塊も有りました。砂の上は暑くてペットボトルの中の水は、お風呂位の熱さになっていました。(S・T)

以上

観察された植物
●和白干潟
 花:ハマナデシコ・アキノミチヤナギ・ハマユウ(つぼみ)・テリハノイバラ・ハマゴウ・ツルナ
   コマツヨイグサ・シロバナサクラタデ・ ハマボウ・マサキ・ヒルガオ・ネジバナ・クサフヨウ(つぼみ)・ネム
 穂:ヒトモトススキ・クサヨシ(ヤマアワ?)
 種:ハマウド
 植物:アシ・イソホウキギ・オカヒジキ・ハマニンニク・ホコガタアカザ・ハマサジ・オギ
   ハママツナ・シオクグ・メマツヨイグサ・ホソバノハマアカザ・ハマヒルガオ
●雁ノ巣外海
  花:ハマニガナ・コマツヨイグサ・ツルナ・ネコノシタ・ハマゴウ
  穂:コウボウムギ・ケカモノハシ
  実(種):ハマボウフウ
  植物:ハマヒルガオ・ハマゴウ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/273-e490d5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク