11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2016年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆さま有難うございました 

2016年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:6/25(土)15:00~17:00
●参加:37名、一般参加 6名、九産大:21名(宗像ゼミ先生共13名、澤田ゼミ8名、)、守る会:10名
●回収ゴミ:202袋:(可燃ゴミ:200袋 不燃ゴミ:2袋 )
●粗大ゴミ:切り株3個、枝10本、角材3本、スクーターエンジン部分1個、ステンレス製物干 1本、石膏塊2個、ポリウレタン製底板1個
●鳥:ダイサギ、アオサギ、コサギ等合計で13羽、ウグイスも盛んに鳴いていました。カラスも2グループに分かれて、カニを食べていました。

 和白干潟沿岸では、今にも穂が出そうな勢いでアシが大きく伸びています。アシ原は緑一面になっていますが、後背林も白や薄黄色の花が咲いてきて、緑の中にほんのりと目立ちます。全体に葉の艶も増してきて、緑も一段と濃くなり輝いています。アシ原中道には、ハマナデシコが濃いいピンクの花で人目を引き付けています。
026627.jpg

今日も天気が心配でしたが、曇りで風も適度にあり暑くなくて良かったです。今回は大雨が降った後のためか、特に広場前には多くの自然ゴミが流れ込んでいました。何処かのため池からか?ホテイアオイが広範囲に打ち上げられていました。
001627.jpg

アオサの発生前に見られる人の髪の毛のような薄緑色の「アサミドリシオグサ」が、長く塊りになり沢山有りました。
020627.jpg

宗像ゼミの学生と先生や、澤田ゼミの学生さんが参加して下さいました。
002627.jpg
013627.jpg
011627.jpg
018627.jpg

一般の方の参加や若い力を頂き、回収したゴミはゴミ置き場いっぱいになりました。
清掃後は見違えるように綺麗になりました。又人工ゴミで目立ったのは、なぜこんなものが有るのか理解に苦しむ物も多く有りました。
008627.jpg
012627.jpg
024627.jpg

お茶の後は、望遠鏡でサギ類を見て貰いました。参加の皆さま有難うございました。(S・T)

031627.jpg
029627.jpg
028627.jpg

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/272-8debb87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク