11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2016年5月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様お疲れ様でした 

2016年5月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:5/28(土)15:00~17:00
●参加:25名、一般参加 4名、九産大:9名(宗像ゼミ学生4名、今ゼミ4名、教師1名)、守る会12名
●回収ゴミ54袋: 可燃ゴミ:53袋、不燃ゴミ:1袋
●粗大ゴミ:木切り株1個、枝10本、角材3本、組み立て式ラック1個
●見られた鳥:ダイサギ11羽、アオサギ2羽、ウグイス(声)シジュウカラ、コゲラ、ツバメ、

 今和白干潟沿岸では、アシが大きく伸びており、アシ原は緑一面になっています。それより高い綿毛が飛んでしまった穂の乾いたアシの茎が残っています、葉の緑と茎のベージュが遠目で見るととても綺麗です。後背林も色んな緑が競い合って輝いています。アシ原中道にはハマウドが大きく株を伸ばし人の頭ほどの花房をいくつも付けていて、今まさに満開です。
ハマウド

ハマヒルガオ、テリハノイバラは可憐な姿を見せています。
ハナヒルガオ
テリハノイバラ

ハマエンドウは、殆どが実になり僅かに花が残ったのも有ります。
ハマエンドウ

ネズミモチの花も微かな匂いで虫を誘い、少し残ったスイカズラの花は甘い香りで誘っています。
ネズミモチ
スイカズラ

干潟では、生きものたちが活発になりました。コメツキガニの砂団子や、今年も沢山のウミニナが生まれた様です。
ウミニナ

クリーン作戦では、始める前は小雨模様で、テントを張り準備しましたが、すぐに雨も止み暑くもなくて、丁度良い清掃日和となりました。今月15日にラブアースが有ったばかりでした。広場前は比較的綺麗でしたが、伸びたアシの中には取残された自然ゴミや、缶、ペットボトル、小さいプラスチック類が多くありました。九産大生も参加して若い力を発揮してくれました。何時も参加して下さる一般の方々には本当にありがたく思います。清掃後は感想など聞ながらお茶でのどを潤して貰っている最中に、白い大きな鳥が10羽ほど飛んできました、クロツらヘラサギか?と思いましたが、良く見るとダイサギでした。列を作って飛んでいる姿は壮観でしたね。
参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。(S・T)

清掃1
清掃2

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/269-cd112bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク