11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ちどり保育園の和白干潟自然観察会報告/みんなのびのびと楽しい観察会でした。 

ちどり保育園の和白干潟自然観察会報告
 
日 時:2016年5月19日(木) 13:10~15:00 中潮 満潮8:09 干潮14:29
参加者:くじら組(5歳児)40名と先生4名 カメラ担当1名    天候:晴れ
守る会自然観察ガイド:4名

 初夏の太陽をあびながら、合宿の一環で奈多から和白干潟の海の広場まで園児たちは元気よく歩いてきました。広場でお弁当を済まして、予定より10分遅れで観察会を始めました。
有江さんは明確な言葉で、園児たちに問いかけながら干潟の説明をしました。マイクの使用もよく聞こえてよかったと思いました。先生たちが園児と一緒に楽しむ姿はほんとにいいですね。
IMG_6570挨拶

鳥の観察後、干潟に出るときはスコップを最初から持たせた方がよかったと反省しました。
IMG_6573 700
IMG_6613 700
IMG_6603 700

アサリとウミニナの浄化実験はみんなが一生懸命採って集めましたので、良くできました。
IMG_6676浄化実験700

途中でチュウシャクシギが近くにきましたから、山之内さんが望遠鏡で見せました。
みんなのびのびと楽しい観察会でした。 (T・K)

以上

観察されたものは:
 野鳥:ダイサギ、チュウシャクシギ(1)、トビ、ウグイス、ツバメ、ムクドリ
 生き物:ハマガニ、アシハラガニ、マメコブシガニ、コメツキガニ、アサリ、ウミニナ、ホソウミニナ、アラムシロガイ、オキシジミ、マガキ、ユウシオガイ、ヤドカリ、タマシキゴカイ、イトゴカイ
植物:ボウアオノリ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/267-ee9cd71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク