11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防→奈多海岸―/ハマナデシコやハマヒルガオの花がたくさん咲いていて、とてもきれいな春の一日でした 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防→奈多海岸―

2016年5月8日(日) -晴れ - 大潮(干潮 4:14 満潮 10:34)
[観察鳥種] 29種 [参加者数] 19名

最初に熊本地震の被災に関して全員で黙祷しました。今日はバードウイーク探鳥会で、福岡県と共催です。福岡県筑紫保険福祉環境事務所の高橋さんに挨拶をしていただきました。また野鳥の会グッズの小冊子も、県から参加者にプレゼントしていただきました。
奈多方面に向かいました。大潮の満潮時です。春の渡りの時期ですが、シギやチドリの降りる干潟が残っていません。満潮時に休むかもしれないと護岸などもしっかり気を付けて見て行きました。畑ではヒバリが鳴いています。鉄塔上にカラスの巣を見つけました。2羽いますが1羽が餌をもらっており、親子かもしれません。
探鳥会のようす
カラスの親子

樹木ではセンダンの花が咲き出し、シャリンバイもトベラも花が咲いていて、どれも良い香りが漂っています。
センダンの花
シャリンバイ
トベラの花

草花ではヒナギキョウ、コマツヨイグサ、マンテマなどの花が咲いていました。和白海域にはダイサギ、コサギ、カワウなどが少数いました。
カワウ

塩浜の畑では、夏鳥のコチドリの声が聞こえました。五丁川河口の池のように水がたまった場所ではオオヨシキリが鳴き、口の中の赤い色も見えました。
オオヨシキリ

アオサギが魚を狙って捕らえる様子も見られました。岸辺にまるまって寝ているカルガモがいました。
カルガモ

奈多の護岸にはイソシギ、クリークではキアシシギとアオアシシギが見られました。海の廃船上ではカワウが羽を広げて乾かしていました。カワラヒワが鳴きながら群れていました。ハマナデシコやハマヒルガオの花がたくさん咲いていて、とてもきれいな春の一日でした。(山本 廣子)
ハマヒルガオ

【参加者の感想】 
・鳥の声だけでも名前がわかるようになりたい。   
・植物や花がきれいで、たくさん見られて良かった。  
・鳥たちが少なかったが、ハマヒルガオの花がきれいだった。    
・オオヨシキリの姿を見ることができて良かった。  
・留鳥や夏鳥など、今ここで繁殖する鳥たちを大切にしたい。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/261-f20437b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク