11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆様有難うございました 

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:4/23(土)15:00~17:00
●参加者:20名、一般参加5名(奈多小2名)産業大学宗像ゼミ生3名、経済学部2名内(先生1名)守る会12名
●回収ゴミ合計112袋: 可燃ゴミ:(人工ゴミ・自然ゴミ含む) 不燃ゴミ:2袋
●粗大ゴミ:45ℓポリバケツ1個、工事用赤コーン 1個、P漬物桶1個、自販機空き缶入れ蓋1
 個、木枝、5本、ベニヤ板1枚、

●見られた鳥:ミヤコドリ9羽、クロツラヘラサギ1羽、ミサゴ1羽、マガモ、オナガガモ、スズガモ、モズのペアー、トビ
●潮干狩り客:約200名

 今和白干潟では、沢山の人達が潮干狩りを楽しんでいます、アシ原中道や後背林では、新緑がとても賑やかです。赤や黄緑、濃い緑が有り変化を楽しむことが出来ます。花では、ハマエンドウが満開で、ハマニンニク、ハマダイコン、ノイバラ、ハタザオ、ヤマフジが白に藤色、アキグミの花は広範囲に良い香りを漂わせています。白いハリエンジュも咲き始めました。これからアシもだんだん伸びてきて緑一面になり、アシ原中が爽やかになって来ます。
クリ15
クリ16
クリ10

本日のクリーン作戦は、始める前から雨が降っており、守る会のテントを張って準備をしました。
クリ1

まず初めに参加者の前で、干潟・湿地を守る日の宣言を読みあげて、皆さんの賛同を得てから清掃の範囲や、方法などの説明をして始めました。
クリ2
クリ3

大潮の満潮後で、数日前にも雨が降っており人工ゴミや自然ゴミが草の上まで沢山打ち寄せられていました。一輪車、リヤカー、ソリ等で多くのゴミを集めることが出来ました、今回も数人の若人が参加して下さり、人数の割には効率よく運べて、見事にきれいになりました。ゴミは置き場いっぱいになりました。
クリ4
クリ5
クリ6

城東高校の先生も団体会員として一人で参加して下さいました。生徒達は雨のために中止をされた様でした。初めて参加された学生さんも次回参加したい。とのことでした。雨は少し降りましたが、終わ頃ろには上がりました。
最後に珍しいオサガ二や、野鳥を見て貰いながらお茶とお菓子でのどを潤してから散会しまた。
クリ23
クリ9

参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/259-93f1385e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク