11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ラムサール署名街頭活動報告/いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした 

ラムサール署名街頭活動報告

日時:2016年4月12日(火)10:30~11:30 天候:晴れ
場所:西鉄香椎駅周辺商店街
参加:7名
署名:83名分

 穏やかな晴天に恵まれ、道行く人も徐々に増えてきました。声掛けに立ち止まって署名してくださるのは年配の方か乳児連れの方がほとんど。「和白干潟でアサリを掘っているから」と署名してくださる人もいれば、「アサリが近年取れなくなっているようだが、あれは鳥の餌になるので人間は掘らないで鳥のために残しておくべきだ」と言う人もいたり。「人工島を埋め立ててから和白干潟の底土が臭くなった。もっと埋め立てられたら困る」と実感を持って署名してくださる方や、私たちの活動を「立派な活動をされていますね」と評価してくださる方もいて、7名で83名分集まりました。いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした。(E・I)

以上

P1020225.jpg
P1020223.jpg
P1020222.jpg
P1020216.jpg

スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/256-2975f8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク