11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告-和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-/鳥たちも求愛や巣作りにいそがしいようでした 

定例探鳥会報告 和白海岸
-和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-

2016年4月10日(日) -晴れ - 中潮(干潮 5:14 満潮 11:35)
[観察鳥種] 47種 [参加者数] 20名   [担当者] 山本 廣子

晴れて気持ちの良い日でした。早朝の下見の時に唐の原川河口にクロツラヘラサギ、ミヤコドリ、オオソリハシシギ、オバシギなどを見ましたので、海の広場方面に向かいました。
探鳥会のようす

しかし海岸に降りた時には海は満潮近くなり、下見の鳥たちが見当たりません。オオソリハシシギだけは見つかりました。もう夏羽が見られました。淡水ガモや海ガモはまだ少数が残っていました。
スズガモ

対岸の雁ノ巣に小さくミヤコドリが見えました。ここで引き返して和白川河口に向かいました。
畑ではヒバリも鳴き続けて春を歌っています。カラスの巣も見つけました。菜の花やハマダイコン、シロバナタンポポ、ハタザオ、シロツメクサ、マツバウンランなどの花が咲き、スイバに果実がついていて、お花畑のようでした。
シロバナタンポポ
シロツメクサ
スイバの果実

アキグミの花も咲き香っていました。
アキグミの花

センダンなどの新芽が伸び出し、クロマツの花から花粉が飛んでいました。
センダンの新芽
クロマツの花

五丁川河口からはクリークの中のペアーのオカヨシガモの他アオサギなどが見えました。
オカヨシガモ
アオサギ婚姻色

塩浜の畑では夏鳥のコチドリが可愛い姿を見せていました。
コチドリ

五丁川を越えた海辺では、夏羽のカンムリカイツブリも見られました。
カンムリカイツブリ

奈多の護岸上には夏羽のダイサギやコサギが休んでいます。
夏羽のダイサギとコサギ

春ですねえ。鳥たちも求愛や巣作りにいそがしいようでした。
鳥に詳しい小学生が参加していて、頼もしかったです。(山本 廣子)

【参加者の感想】 
・オオソリハシシギが良かった。   ・ミヤコドリがきれいだった。  
・夏羽のアオサギが良かった。    ・ジョウビタキが可愛かった。  
・オカヨシガモが見られて良かった。 ・コチドリに会えて良かった。 
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/255-062ab10a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク