11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

南区鶴田校区生活環境改善推進協議会の和白干潟自然観察会報告/ゆったりとした観察会でした 

南区鶴田校区生活環境改善推進協議会の和白干潟自然観察会報告
 
日時:2016年3月22日(火)10:30~12:30(昼食は12:30~13:30)
場所:和白干潟海の広場、アシ原、干潟
参加者:19名

 福岡市内でも東区から遠い那珂川町に隣接した南区鶴田校区から、男性3名と女性16名の参加でした。皆さんは初めての干潟体験で、山本さんの干潟の紹介・鳥・生き物・干潟の重要性等について熱心に聴いていました。
和白干潟のお話
バードウォッチング

バードウオッチング後にアシ原の植物やカニの穴を観察して、砂洲に出て干潟の生き物観察をしました。
アシ原観察
カニ探し
ウミニナ採取

コメツキガニの巣穴や砂団子を見つけて掘ると、大きめのコメツキガニが出てきました。
コメツキガニ

カモの足跡もたくさん見られました。環境に関心があり、最後のゴミ集めはアシ原の新芽などを見て楽しみながらはかどりました。
掃除

観察会後においしいお弁当が出て、海の広場で一緒にいただきました。最後にきりえ館のギャラリーを見学して、帰られました。ゆったりとした観察会でした。(T・K)

集合写真
山桜

以上

良かった点
暖かくてよかった。カモは種類は少なかったが、近くで良く観れて良かった。
ウミニナの浄化実験もうまくいつた。満潮と干潮の干潟を見せることができた。
参加者の声:この干潟は鳥にも人にも憩いの場ですね。鳥たちがこんなビニールなどのゴミを食べたら危ないですね。望遠鏡で見たら、鳥の様子がよく見えて感動しました。守る会の方々のたゆまぬ努力で自然が守られているのに感心しました。

観察された鳥
コサギ、ダイサギ、ミヤコドリ(16)、マガモ、オナガガモ、スズガモ、
カンムリカイツブリ、ツグミ、ウグイス、ヒヨドリ、モズ
生 き 物:コメツキガニ、アサリ、マガキ、ウミニナ、ホソウミニナ、ゴカイ
植物:シオクグ、ハマウド、ハマニンニク、クコ、ノイバラ、テリハノイバラ、シャリンバイ
花:ヤマザクラ、ハマダイコン、ハマエンドウ
新芽:アシ、イソホウキギ、ホコガタアカザ、ハママツナ、オオジシバリ
海そう:ボウアオノリ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/251-dcb34969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク