11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生の和白干潟観察会まとめの発表会報告/今年も子供たちの生き物や、自然保護に対する力強い言葉に勇気づけられ、このまま素直に育ってほしいと願うばかりです 

和白小学校4年生の和白干潟観察会まとめの発表会報告

日時:2016年2月25日(木)PM14:00~15:35
場所:福岡市立和白小学校体育館
参加:和白小学校4年生(110名)と先生5名、守る会:6名

 今年も和白小学校4年生の子供たちによる、「和白干潟観察会」一年間のまとめの発表会の日を迎えました。夏(6/17)と冬(12/14)の観察会の様子を思い浮かべながら、今年はどんな発表が聞けるのか大いに期待して学校を訪れました。さっそく男の子が2階の窓から大声で「和白干潟を守る会の人達ですね。こんにちは!」と声をかけてくれて、益々期待が高まって来ます。玄関には立て看板で「和白干潟を守る会の皆さんようこそ」とあり、部屋に通され校長先生の御挨拶や、先生方と案内役の女の子の登場などおもてなしの手順がきちっと決めてある様子がうかがわれました。
 体育館に到着すると子供達は整列し我々を迎え、係の子が号令をかけ、代表の子の挨拶など、子供達の自主性を考慮した指導が感じられました。
IMG_7735★a11L

 発表は今年も前後半の2回に分けられ、各回とも4~5人のグループで、12の班に分けてありました。それぞれのグループは自分達が興味のある事柄や詳しく知りたいことを自由に選んで、グループで助け合いながら調べて解りやすく発表していました。替え歌や紙芝居仕立てにしたり劇をしたり、クイズ形式で興味を引かせたりして、工夫や熱心さが伝わってきました。
子どもの発表1
子どもの発表2

 テーマは和白干潟の生き物や鳥やゴミのことが多かったですが、なかには「和白干潟を守る会の活動」をテーマに取り上げているグループもあり、びっくりしました。各グループとも一人一人が和白干潟の思いや感じたことを発表するコーナーを設けて、質問や感想を聞いていました。
子どもの発表3
子どもの発表4
子どもの発表5

 最後に整列し、山本代表の感想やお礼の言葉と共にまとめの授業があり、子供たちは熱心に聞いていました。パワーポイントを使った映像の中には、和白干潟の観察会の時の様子も映し出されていて、子ども達はなつかしい様子でした。また私たち5人もそれぞれがお礼と感想を話し、体育館を後にしました。

 今年も子供たちの生き物や、自然保護に対する力強い言葉に勇気づけられ、このまま素直に育ってほしいと願うばかりです。(H・M)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/245-da409695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク