11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口/このところ天候が不安定で前夜も雨が降りました。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口~塩浜堤防~五丁川河口 ― 

2012年8月12日(日)  -曇りのち雨-
[観察鳥種] 15種  [参加者数]8名  長潮(干潮12:19 満潮5:02)

 このところ天候が不安定で前夜も雨が降りました。今日の天気予報は雨でしたが、今朝の探鳥会開始のころは曇りでした。集合地の和白公園ではサンゴジュの赤い実がたくさん生っていました。和白川河口のトキワススキの穂はもう筋だけになっていました。潮が小さくて干潟は満ちていました。RKB鉄塔の電線にミサゴが止まって大きな魚をむしって食べていました。
ミサゴ
遠くの沿岸にダイサギが数羽いました。
ダイサギ
砂洲の付近に黒い塊があり良く見るとカワウの集団が羽を乾かしていました。120羽ほどもいました。
カワウの群れ
堤防の道ではアカテガニが散歩していました。
アカテガニ
堤防の植え込みのトベラが繁茂しておりその上にクズのツルがおおいかぶさり、クリークがとても見えにくくなっています。少し見えるところからのぞいてみますと、クリークの岸部にイソシギがいて、地面を掘って何かを食べていました。
イソシギ
ホオジロが木に止まっていました。
五丁川河口で遠く奈多の護岸先で休むキアシシギ3羽を見つけました。ここで雨が降り出しました。西の方が暗く霞んでいます。天気予報は雨でしたので、まだ10:30頃でしたが木陰で鳥合わせをして早めに解散しました。帰りに鉄塔のミサゴは2羽になっており、1羽が甘えた声で餌をねだっているようでした。(山本 廣子)
探鳥会の様子


【参加者の感想】
・ミサゴが魚を食べているのが見れた。
・カワウの群れがすごい!
・キアシシギが見れて良かった。
・今朝の和白では早朝にはオオヨシキリやイソヒヨドリが鳴いており、10時頃よりも多くの鳥たちに出会えた。皆さんにも早朝の探鳥を勧めたい。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 1   tb 0   page top

コメント

探鳥会お疲れさまでした。

いつも報告とブログ更新ありがとうございます。
今回も素敵な写真がいっぱいですね。
とても夏を感じます。
N.I #- URL [2012/08/18 10:36] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://wajiroblog.blog.fc2.com/tb.php/24-d25e900d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク